プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

食糧危機(2)

結論から言えば、将来予測において、真の食糧危機は来ない予想です。

例えば小麦で見れば、世界の小麦は実は世界でも限られた地域でしか栽培されていません。気候等、作物の生育に影響を与えるので、例えば南極で栽培するとかされるわけではなく、米国、ロシア、中国、インド等、ヨーロッパ、カナダ等比較的限られた地域で栽培、生産されています。そうだとすれば、人口増加に合わせて農地を増やしても、農地がいずれは足りなくなるのでは、もしかしたら、すでに今足りなくなっているのではとも考えたりするかもしれません。

歴史的に見れば、世界の人口が増えるに従い、世界の小麦の消費量が増えれば、それに合わせる形で、小麦の生産量は増加して、需給と供給のバランスはとられてきています。これは、世界で小麦の生産農地が爆発的に広がったために、生産が増加したのではなく、品種や生産方法の改良など、一定の農地から得られる小麦の量が増えているためです。農地の拡大はそれほどされておらず、一定の農地から得られる収穫量を上げることで対応されています。
下のグラフでも小麦の需給量に合わせる形で生産が増加し、小麦の需給のバランスがとられ、期末の小麦在庫は大きく変化していないことがわかります。

農水省でも2025年までの小麦の需給について予測を立てており、この予測においても例えばここ10年前後で人口増加により小麦が不足し、食糧危機が起こるといったことは考えにくい予測がたてられています。

2010年前後に食糧危機が叫ばれ、食糧価格の高騰を見ましたが、これは世界人口の増加に伴う絶対的な食糧危機が起こってきているわけではなく、基本はコモディティ全般の価格高騰に引きずられた価格高騰と考えられます。

さらに特に小麦などの食糧ではその年の世界の気候の状況により、豊作、凶作みたいなことがある程度はありえるので、凶作の年などでは食糧危機みたいなあおりとともに価格の高騰が数年~10年に一回程度はあるようです。2010年頃はコモディティ価格上昇に合わせて、ロシアでの干ばつや米国での異常気象などが続いたため、食糧価格はさらに高騰しました。ただ、在庫もあるため、これも真の食糧危機の勃発にはつながらない。なので、食糧を暴力で奪い合い、ケンシロウに助けてもらうような世の中はありえない。

小麦需給




人気ブログランキングへ




食糧危機(1)

1日1日21万人ずつ増える地球号の乗員。何人まで地球には乗船可能なのでしょうか。この問いは昔から何度も問われています。というか、自分も知りたい。一つ思い浮かぶのは、食糧問題。

未来の地球では、人々が不足する食糧とエネルギーを求めあう。不足する食糧を得る手段は、もはやお金ではなく、力。絶対的に不足する食糧を求め、暴力をふるう。そして強いものが生き残る。。。その時ケンシロウは。。。。ってこれは北斗の拳(そんなコミックがあります)。。


こんな世界が未来に待っていたら大変ですけど、みんなそこまではないと知ってる。じゃ、、そこまで行かなくとも食糧危機が訪れるのでは。人口の僅かを占めるお金持ち、特権階級は食糧を確保し、残りの持たざる地球号の乗員は不足する食糧を求め、家にあるわずかなお金をかき集め、お金を握りしめてお米屋さん、パン屋さんに並ぶ。自分も家族の食糧を得るため、その列に加わり、そしてなけなしの大枚を払ってわずかなパンを得る。思い起こせば、2010年頃も、世界人口は70億人となり、世界では食料価格は高騰していました。そのころには食糧危機がネットでは騒がれていたような。。。



人気ブログランキングへ



地球には何人の人間が?

自分たちは宇宙船地球号にのり、銀河を航行中。地球号の乗員(世界の人口)は社会科で昔習ったような気もしますが、昔のデータは全く役に立ちません。ご存知のように世界の人口は年々増え続けているからです。統計局ホームページから(ホーム > 統計データ > 世界の統計 > 本書の内容 > 世界の統計2016)は2015年で73億5000万人とされています。

地域的には地球号の乗員の60%はアジアにいます。16%はアフリカ人。中国、インドがアジアにありますからね。

年々増え続ける地球号の乗員は、1990年に50億人に達したのち、1999年で60億人となり、2011年には70億人を越えました。そして2015年には73億人。

現在も1年に約8000万人増えています。1日1日約21万人増えている。1時間なら9000人、1分に145人。1秒1秒でも2人以上増える計算です。推計では2050年程度で100億人近くなると考えられています。

1日1日21万人ずつ増える地球号の乗員。何人まで地球には乗船可能なのでしょうか。この問いは昔から何度も問われ、何度も推計されますが、そのような限界は常に突破していきました。



人気ブログランキングへ











求人は多いけど給料は上がりません

実質今日から世界の取引は再開されます。

日本における求人倍率。下のグラフはその長期での経過です。パートを含む、年平均での値をグラフにしましたが、2016年はまだ年平均は出ていないので11月の月別の値です。年平均はおそらくもう少し少ない値が出てくると思います。2016年後半は1.4台が発表されています。求人倍率だけ見れば、高度成長期、バブル景気の時にしかないくらい、求人が多いみたいです。これだけ求人が出ているのだから、これだけ人手が欲しい欲しいといっているのだから、、、でも給料は上がらないですね。実際に労働力人口は年々減っていくため、求人は多くなりますが、パートでとってかわっていき、給料が上がらない。。。安い労働力については求人が多いけれども、しっかりとした給与の出る職業には求人はそこまで多くないなどの偏りがある。。。ここまで図式は単純ではないのでしょうけど、いずれにしても、給料は上がってこない。

ちなみに求人が多いのは北陸新幹線でにぎわう北陸など地方のほうが全般に今年は高いです。

有効求人倍率





人気ブログランキングへ




自分たちの賃金は?

今日も世界の取引は基本お休みです。

日本の名目賃金指数は

平成22年(2010年)を100として比較してみれば

平成2年(1990) 105.2
3年         106.4
4年         106.8
5年         105.8
6年         106.8
7年         108.3
8年         109.5 橋本内閣
9年         109.5
10年        107.4 小渕内閣
11年        106.2
12年(2000)    107.2 森内閣
13年        106.6 小泉内閣
14年        104.6
15年        104.1
16年        103.4
17年        104.4
18年        104.4 第1次安倍内閣
19年        103.2
20年        101.3
21年        98.7 民主党政権
22年(2010)    100
23年        100.1
24年        99.2 第2次安倍内閣
25年        98.3
26年        95.5
27年        94.6

物価もろもろ考えれば、1989年の日本の株価大暴落から少しの間、実際にモノを買える賃金としては増加していました。橋本さん、小渕さんのころ、日本は銀行・金融危機の一歩手前をふらふらさまよっていましたが、私たち庶民の給与、賃金は実はこのあたりが、一番豊かに物を買えて、生活できていたみたいです。

その後はご存知のように大きくは右肩下がり。年々、暮らしは苦しくなります。

安倍さんになってからは消費税もやっぱり効いていますね。下げが消費税による分加速している。

賃金増を目指すところはありますけど、どこで明確に下げ止まり、どこから再び豊かになるのか。会社に行けば、コストカッターが優遇されるような感じ。子会社であれば、どんどん親会社さんわがままを聞く分が増えていく感じ。仕事をもらうのに無料の奉仕が求められては、実際のもうけは大きく減っちゃいます。小泉さんのころから、そんな風潮が出ていたように思いますが、リーマンショック後は強いですよね。名目賃金で見ても、リーマン後落ち込みが大きい。大企業は今は歴史的にも最も潤沢にお金を持っているけれども、私たち庶民は、貧しくなってますかね。リーマンショック後の株価の急回復を感じられるのは、やっぱり大企業と投資家さんだけでは。



人気ブログランキングへ




| ホーム |


 ホーム  » 次のページ