プロフィール

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ハイイールド債

アメリカの長期金利がトランプ相場で上昇し、10年債利回りが2.558%。

米国では社債を発行して企業はお金を集めます。格付けの低い会社の社債がハイイールド債。
ハイイールド債は昨年から今年初めにかけての原油・資源安でその利回りが上昇していました(価格が低下していました)。その後の原油価格の安定とともにその利回りも落ち着いてきています。

今年夏場で長期金利は底を打ち、トランプ相場で長期金利は急上昇しています。長期金利の急上昇で国債価格は下落(利回り上昇)していますが、ハイイールド債(社債)は長期金利とのスプレッドを低下させて、利回りを維持(価格を維持)しています。

今12月の米国ハイイールド市場のデフォルト率は全体で6.7~6.8%近辺と、比較的高い値を呈していて、多くのハイイールド債発行企業がその債権の返済に困っているところ。

ただ、長期金利とのスプレッドを見れば、現在BB格のスプレッドは2%強といった感じであり、ハイイールド債の長期金利への上乗せスプレッドとしては結構低め。スプレッドは国債に対して、どれだけ会社が危ないかで変化します。会社が危ないと思えば、スプレッド(上乗せ金利)は上昇、会社が安全であればスプレッドは低下します。


で、今の高めのデフォルト率と低めのスプレッド。
1つの考えは、昨年12月のスプレッド急上昇局面(ハイイールド債価格下落局面)は結局今のデフォルト率上昇を織り込んだ上昇。今はデフォルト率は高いけれども、この後、原油価格も安定したし、OPECも含め世界は今後も資源価格を統制しそうだし、現在の低スプレッドを反映したデフォルト率に米国企業は来年早々に落ち着いていく。

もう一つの考えは、やっぱり何かごたごたがあって、スプレッドはデフォルト率を反映した方向に広がっていく(再度ハイイールド債価格は下落していく、、、か、、、ハイイールド債利回り自体でなく国債利回りが下落していく)。

株式市場含めて、どの市場でもトランプ相場の行方が割れた数値が多く出ていますが、ハイイールド債市場もスプレッド、デフォルト率が大きくかい離していて、どちらに向かうのか。ハイイールド債市場は炭鉱のカナリアであれば、去年カナリアは今年に見た日経で言えば15000円割れといった事態を警鐘して鳴いていた。そしてカナリアは今はまだ、去年の痛手を引きずっているものの、この後の急回復を見込むといった感じに見えます。

ただ、ハイイールド債全体のデフォルト率の6.8%は結構高い値なので、これくらいまでデフォルトが出ている事態が本当にすんなりと落ち着くのかといった疑問のほうが、弱気な自分には大きく感じられます。やっぱり余力は少ないわけだから、もう少し、余震、本震があってもくらい。



人気ブログランキングへ








株式と債券の利回り

昨日のブログに書いたように、債権利回りはここ半年上昇しています。世界では数百兆円規模で債権クラスの資産が目減りしましたが、新たに投資する人にとっては利回りが上がっているのは歓迎すべきこと。

米国10年債利回りは2.538%。ドルでお金を持つ人にとっての無リスク資産は現在今後10年2.538%の利回りを提供です。

米国SP500の株式の益回りは実績PERから見ると、、実績で3.8%。今年1年の利益から計算すればSP500の利回りは3.8%。

米国でジャンク債でないBBB格以上の投資適格社債への投資した利回りはバンクオブアメリカ・メリルリンチ米国コーポレートインデックスから見れば3.52%。

株式については利益の増減があるので、普通は利益が下がる可能性があるので、株式の利回りのほうが高くなりやすいです(すごいポジティブな方は利益が上がる可能性があるんだから、株式の利回りのほうが少なくていいよ、っていう方もいるのでしょうが、たいがいはネガティブな面を不安視されて、株式のほうが利回りは良くなります)。

全くの単純計算ですけど現在米ドルでの無リスクの利回りが2.5%を超えていて、少なくとも今年1年の企業利益で考えた株の利回りは3.8%。無リスクではないけれど、株と同じ企業レベルで考えた高格付け社債利回りは3.52%。債権価格の下落で債権利回りが上がり、株の利回り(株価は上がって株の利回りは低下したので)に近づいていて、数値だけ見れば投資家さんは天秤にかけて比べる段階にはなっています。

ここから株を買うには、やっぱりトランポノミクスがしっかり働くかどうか、企業利益がしっかり上昇するか、インフレが進むか、になっちゃいますかね。



人気ブログランキングへ




ジムロジャーズさんのコメント

ジムロジャーズさんのコメントをみると、、米国株は去年からのショートポジション、今年も年初から一貫してショートの見立て。
EU離脱の英国については、株、通貨ともに何もしないとのことのようです。コメントは英ポンドはまだまだ下がっていくと見ているようですね。

バフェットさんのポジションは絶対米国株ロングでしょうね。米国株ショートすることないでしょうから。



人気ブログランキングへ







ダウ SP500の時価総額

ダウは30銘柄で構成され、時々銘柄が入れ替えられますし、最近アップル株価の下落等もありましたので、昨日の時点での時価総額を計算してみました。
合計は5.2兆ドル。日本円換算で570兆円くらい。

パッと見、米国時価総額の4分の1を30銘柄で占めている計算。米国株式時価総額は世界の時価総額の約3分の1とすれば、世界の株式の約12分の1がわずか米国30企業で占められている計算。世界のスター軍団と目されますが、存在感大きすぎですね。

今の時点での時価総額では
1番はアップル5286億ドル、2番はマイクロソフト3934億ドル、3番はエクソンモービル3714億ドル、
4.ジョンソン&ジョンソン 3084億ドル
5.ゼネラルエレクトリック 2712億ドル
6.JPモルガン 2324億ドル
7.ウオルマート 2182億ドル
8.P&G 2135億ドル
9.ファイザー 2048億ドル
10.ベライゾン 2003億ドル

SP500については、これは500社合計してみようという気は起らないので、一般論として、、、この指数を構成する会社の時価総額自体が米国株式市場時価総額の約80%をカバーしているといわれています。また、SP500指数をベンチマークとする運用資産総額も7.8兆ドル(850兆円)を超え、本指数に連動する金融商品まで含めると10兆ドル(1100)兆円を越えるといわれています。本指数については企業時価総額もさることながら、連動する商品まで考えると、、本指数の上げ下げが、世界経済に直結してしまうのは致し方ない感じです。

日本株やアジア株で局地作戦を展開するにしても、今世の中、世界はどうなの、って見てみようとするなら、ダウとかSP500とかの動きを見るのが手っ取り早いですかね。



人気ブログランキングへ







ウォルマート株価10%下げ

昨日はウォルマートの株価が1日で10%下げて、過去15年以上で1番の大きな下げ幅となりました。

ウォルマートの昨日の発表では、2016年の売上高は変わらないものの、利益は昨年の4.84ドルから4.40~4.70ドルへと低下するとの予想を発表し、今後数年間にわたり、横ばいを想定、数年間にわたり出店を抑制していきます。アメリカのデフレーションマインドの影響で、アメリカ人の87%が物を買う決定をするときの一番の選択肢として、値段を挙げており、物の値決め企業であるウォルマートでも、ネットショップ、1ドルショップ等との競合が避けられなくなってきていると考えられます。ターゲットやメイシーズ、JCペニー等の他の小売企業も下げました。ウォルマートは世界最大の小売企業であり、為替の影響も大きく受けていることをCEOがテレビでコメントしています。

今年1月の最高値90.67ドルから昨日の60.03ドルまでで3分の2ほどの株価へと低下してしました。8月以降の相場の急落で9月に自分は数年ぶりにウォルマートを買い増ししましたが、ウォルマートの10か月に及ぶ下げを見ていると、いつも思うことですが、株価の先見性はすごいですね。ウォルマートの利益はしばらく回復しないことが発表されていますので、株価の急回復は望みにくそうですし、今後はネット業態など、ウォルマートが今後目指す業務展開が順調に進むかどうか、また、ドル高がどう推移していくか、また全体的な相場の下落等で、さらに下げていく可能性も十分に考えられます。慌てる必要はなさそうですが、昨日は少しだけ買い増ししちゃいました。

このような影響もあり、昨日はダウ優位に米国株価指数は下げています。バフェットさん銘柄は世界の大企業が多く、今年は為替は逆風になる企業が多いですね。あとバフェットさんが売却するとどうしても暴落しちゃうでしょうから、保有するときにはそういう点も逆に少し怖いですね。


人気ブログランキングへ



| ホーム |


 ホーム  » 次のページ