プロフィール

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

日銀は日本を買っています

日銀はETF6兆円買いに増額です。国債については3分の1を買い占め、後数年のうちには買える日本国債がなくなる予定ですし、為替の操作国認定の可能性もあり、買いづらそう。ETFは為替、買える量を考えても、増額するのに、国債より手を付けやすそう。

為替はあまりいじりたくないが、株価は上げたい、のであれば、一番妥当な気はします。実際、発表後株価は振れましたが、最終的には日経も上昇して終了です。

Bloomberg(4月25日、中村・北中さん)記事の日銀のETF買い付け額からのBloomberg試算においては、4月の時点での日銀保有のETFは8.6兆円で国内上場のETFの55%を買い占めています。GPIFに次ぐ、日本株の大株主であり、日経225中の200社で日銀は実質、保有率10位以内の大株主となっており、テルモ、ヤマハ、大和ハウス、住友不動産、三菱マテリアル、ミツミ電機では上位3位以内の大株主。ミツミでは11%、ファーストリテイリングでは9%の株を保有です。今回の買い入れ増額なしでも、来年中には京セラや日清製粉等では実質筆頭株主となる予定でした。4、5月ではすでにゴールドマンは7兆円くらいまでETF買い増し増額あると予想しており、最大7兆円への増額となる場合は来年中に日経225社の中の40社ほどで、日銀が筆頭株主になると予想していました(それよりはタイミングも少し後ずれ、額も若干減少ですが、当時の予想(?、前情報?)の路線の緩和です)。

ちなみに6月16日のBloomberg記事(長谷川、Chu、中村さん)の資産では、日銀はJリート購入により、東京を中心にバチカン市国3.18か国分の面積の土地を日本で所有しています。大手町タワー、新宿センタービル、JPR渋谷タワーレコードビルなどでは、日銀がすでに実質的なオーナーといえます。

日銀の政策は、今現在、日本国債、日本株、Jリートのメインプレイヤーであり、今回も、今後もデフレが脱却できない限り、そのプレゼンスを高め続けることを決定しました。

今回の日銀ETF増額は、株価維持に役立ち、出尽くしといった面以外からは株価が下がる作用はないように思います。ただ、現在の日経PERは14倍ほどで、最近は推移しており、なかなか上がってきません。市場が、円高や日本・世界の情勢により、その程度まで日本株のEPSが落ち込むことを予測(暗示)しているのでは、と考えるのが普通な気はします。
株価は、企業のEPSで決まっていくのか、需給が決めていくのか。経済の状態を株価は予測するのか、株価が経済の状態を決めていくのか。考えは少し袋小路に入ってしまいます。まあそれらの中間なんでしょうけど。

また、ジムロジャーズさん等、今後アメリカがこけた時は、資本主義が危機に瀕するほどになると、時にコメントを発していますが、今後、欧米が緩和する際は日銀のように世界で債権に加え、株式ETF、リートが中央銀行で買われるようになれば、確かに資本主義は、、半分国が所有する半資本・反社会主義的な感じになっていくことがあるのかもしれませんね。そのようにしなければ、戦争以外にデフレを脱却する道がないならば。

今回に関しては真に日銀が目指しているところは、株価ではないのかもしれませんが、はたから見ると、為替操作認定を受けずに、株価を維持する落としどころとしてはよいように思える今回の政策決定。15000円台から16000円台は割らせない、再度株価上昇を賦活するとすれば、このタイミング、経済対策、日銀砲でデフレ脱却の先手を打ってきています。デフレ茹でガエルの日本で、安倍・黒田ラインは何しろ、デフレ脱却を目指し、お湯からジャンプ、抜け出す意気込みを徐々に強く示しています。いつかジャンプできるのか、今後も茹でられ続けるのか。

今後も日銀は日本の各資産クラスの実質オーナーとしてのプレゼンスを更に高めていきながら、日本経済を管理していきます。
こうなったら、、、デフレが続くなら、国債、日本株、リート、買えるものが枯渇するまで買いまくれ、ですね。。。デフレを脱却するまで資産価格を維持・上昇させる。(政府は日銀の買える国債が枯渇しないように、赤字を拡大させる?、各証券会社はETFが枯渇しないように、どんどんETFを発行させて、一部企業に偏らないように、新手のETFも考える。リートも東京のオフィス、住居、ロジスティクス、、すべてを日銀が買い尽くすまでリートを組成する。そして、資産価格の維持、上昇からデフレ脱却を目指す。)



人気ブログランキングへ







今日も日銀は波乱要因

日銀の政策が発表されます。どうなるのか、、緩和はあるのか、ないのか、混とんとしてきていますし、その反応も、更に混とんとしそうです。ドル円為替、株価は、またお昼を境として、振られそうです。

世界はデフレと戦って、デフレに対する措置は基本は歓迎ムード。日銀もはっきり言えば、現在すでに財政ファイナンス状態であり、今でなければハイパーインフレが心配される政策状態なのでしょうが、今ならだれも文句を言わず、責め立てずです。裁定買い残見ても、もう底打ちしたのではくらいの値で、下がるにもたかが知れています。

直近2回の日銀砲は、短期的にははっきり言ってあまり効果が確認できない感じでした。短期的には数日、数時間の波乱要因となった感じのみ。今日も波乱要因となるのでしょうが、、最近は日経PER14倍でずっと落ち着いて経過しているわけで、サプライズで急落を食い止めることも必要なく、サプライズで株価の動きを過度に作る必要もないような気がします。
もう一度原点に戻り、(デフレ脱却を目指すならデフレ脱却するための)経済政策に中長期的に必要な手を、(あまりもうサプライズでなく、というより本当に最終目標に必要な政策ならサプライズは全く必要ないはず)必要性を市場に説明しながら、一手一手指していってもらえればと思います。万一、市場は短期的に一時急落しても、おそらく、正しい政策であれば、最終的には市場も認めるでしょう。おそらく、ここ1か月の株価を上げるために小手先に劇薬を処方してほしいわけでなく、日本を最終的に一歩一歩いいほうに導く良薬(飲むときは少し苦くても、、本当に必要な劇薬が必要なら劇薬でも可)がほしい方が多いと思います。今の時点で最終目標をどこににむけているか、しっかり示して(インフレもですが、グリーンスパンさんはややスタグフレーション化を危惧していますが)。

いずれにしても、波乱の日、そして欧州銀行のストレステストに。



人気ブログランキングへ







FOMC予想通り

FOMCは予想通りの据え置きでした。

雇用が強く、一定のペースでの改善がみられること、経済に対するリスクは低減してきていることから、今後利上げもあり得ること。
引き続きゆっくりペースの利上げを考えていること。

全て予想の範疇のFOMC声明でした。

FOMCについては、ここまで事前のコンセンサスが醸成されていますが、次の日銀は、緩和しない気はしますけど、わからないですね。



人気ブログランキングへ







金利の低い時人々はより貯蓄し、消費しない

マーク・ファーバーさんがシカゴトリビューンで、

現在のヤングアダルト世代は超低金利、ゼロ金利の世界では、彼らの親世代に比べて稼げず、資産も築けない。親世代は数パーセントの利回りの世界で過ごし、家も買えた。ヤングアダルト世代は、利回りのない世界で過ごし、家は買えずに、借家の家賃を払い続けている。結局家賃のみを過剰に払い続けて、投資や消費に回すお金が残らない。。。

中央銀行の超低金利、ゼロ金利政策に対して、金利低下で人々が消費すると考えているのが間違いで、銀行預金が全く増えないので、不安定・不安に感じ、より貯蓄に励むだけ。と苦言を呈しています。

確かに親世代は銀行預金でもそれなりの利回りで資産は増える世の中で、何も考えずに家を買えていたわけですが、バブル崩壊後働いている自分たちの世代では家を買うことに熟考を要する場合も多いわけで、そうすると、ゼロ金利・マイナス金利の世界で利回りの消失した世界でのみ給料をもらっているまさにヤングアダルト世代は、家を買うかどうか、よりも買えない。そのため、過剰に家賃を払い続けるために残そうと思っても何も残らない、少しでも残すためにますます消費せず、貯金に励むといった場合も多くなってきているのかもしれません。。。日本を先頭として世界の先進諸国が突入した超低金利、ゼロ金利、マイナス金利の世の中が、、中央銀行の政策が、、中長期で今後どうなるのか。



人気ブログランキングへ







家賃

借家住まいの方も多いと思いますが、マンションを借りて住むのに気になるのは家賃。

平成25年の住宅。土地調査では、東京都で借家の家賃、全体の平均は一坪当たり10036円。借家の家賃の全国平均は一坪当たり6102円。

公営、UR等除いた民営の借家で非木造の物件(このような物件に住んでいる方が多いと思いますが)であれば、東京都での家賃平均は一坪当たり12204円。全国平均は7766円。

民営の木造借家であれば、東京都の家賃平均は一坪当たり9862円。全国平均は5266円。

関東都市圏では民営借家で一坪当たり、非木造で10002円、木造で7678円。
中京都市圏では民営借家 非木造で6624円、木造で4682円。
近畿都市圏では民営借家 非木造で7518円、木造で4862円。

東京中心部からの距離、立地・地域差、築年数等様々加味して考えるのでしょうけど、このあたりの値がいわゆる平均値。家賃見直しを考える上での参考になるかもしれません。



人気ブログランキングへ









FOMC 日銀

今週はFOMC、日銀。

FOMCは英国のEU投票のドタバタで利上げについてはどんどん延期方向でみられており、米国株価は上昇してきています。逆に米国株価がしっかり上昇すれば、FOMCは利上げしてくる可能性があり得るので、、、。日本株にとってはFOMCが利上げを先延ばしすると米国株が上がるからいいけど、、ドル円は円安が進みにくくなり、米国株ほど上がらない感じが続いています。基本、先延ばしだけど、株価が強く上昇するなら、利上げしてくるかも。

日銀は年後半の政府の財政出動に加えて、何らかの緩和が期待されています。期待しすぎている方は、ヘリコプターマネー(ヘリマネ)までも期待があるかもしれません。市場が期待すれば動かず、市場がノーマークであれば突然動く、アマノジャク日銀なので、今回は期待感があるから、動かない。というより、買える国債すらないといった論調もあり、動けない、かも。

どちらも市場が期待する方向が事前にあって、その方向に動くかどうか。期待方向に動いたとしても織り込まれているかもしれないし。動かなくても、期待感がそれほどでなければ、落ち込みはさほどではないかもしれない。いろいろと考えますが、日米の株価指標はやっぱりやや過熱してきており、ここから1,2か月は過熱を冷ますタイミングになり得るイベントは少し注意。



人気ブログランキングへ







竹田和平さん死去

竹田製菓の竹田和平さん亡くなられたんですね。83歳、老衰と発表されています。日本人の平均寿命は男性80歳、女性86歳なので、80歳なんて、最近ではまだまだ若いみたいに思えますが、大往生なんでしょう。日本の個人投資家といえば竹田さん、BNFさんみたいにいつも名前が挙がりますし、インターネットで見ている限りは全然お元気に思えて、急な感じですね。うちの親たちもだんだん平均寿命に近付いていきますし、あまり考えたことはなかったですが、人間やっぱりいつまでも元気というわけではないことなんでしょうね。つい先日も電話で親とは口論でしたが、早めに仲直りしておこうかな。



人気ブログランキングへ








通勤時間

平成25年住宅・土地統計調査によると
通勤時間0分の方は1.6%(自宅や住み込み職場)、30分以内の方が52.4%、1時間以内が29.9%、1時間~1時間半が11.0%、それ以上は3.6%。

全国的には半数以上の方が職場までドアトゥドアで30分以内。地方では車、徒歩通勤も多いでしょうし、電車の待ち時間もない方も多いかもしれません。

話を関東に絞って、東京にお住いの方のデータだけとってみると
0分が1.9%、30分以内が28.5%、1時間以内が43.1%、1時間半以内が18.1%、それ以上は4.8%


東京は住居費が高くなり、一人当たりの住居面積は全国1狭いところなので、現実的に東京圏で見ると、東京圏の1都3県の方についてはアットホーム(2014年)調べでは
30分以内8.1%、1時間以内37.7%、1時間半以内38.1%、それ以上は16.1%で、通勤時間の平均は58分。

アットホーム調べでの皆さんの理想は、通勤時間は35分、理想は山手線(1位)、中央線(2位)での通勤。理想といっても、皆さんかなり現実的なところをアンケート回答しています。自分は当然理想は0分とか短く。山手線より、東京メトロが山手線内での乗り換えがスムーズでいいなと思います。

アンケート回答者が通勤時間を犠牲にしても、そこに住むことを決めた事項としては、
1戸建ての方は圧倒的に戸建てをゲットできる場所(おそらく金銭的なところが大きいでしょう)であったこと、ついで自分が住み慣れた場所であったこと、静かな環境の場所であることを挙げています。
マンション住まいの方では広さを挙げている方が多く、次いで住み慣れた場所、静かな環境を挙げています。

ちなみにいえらぶコラム(2014年)で駅から何分まで許容できるというアンケートがあり、5分以内9%、10分以内は43%で(賃貸物件を対象としたアンケートでしたが)、10分以内で皆さん住むところをやっぱり探したい様子。晴れている日はまだしも雨の日とか考えればそうですよね。特に女性は夜帰りを考えれば、10分以内で探したい方が多いよう。


これらアンケートを見ても、やはり皆さん山手線圏内で職場まで30分(実際には東京圏ではほとんどの方が電車通勤でしょうから、駅近物件で、電車の時間は20分内外くらいでないと30分は無理そう)を理想にしているけれど、現実は、戸建てに住みたい、より広いマンションに住みたいということで、通勤時間と天秤にかけています。1都3県ですと横浜、さいたま大宮、千葉に通勤という方も多いでしょうが、東京への出勤のみを考えれば、山の手線ターミナル駅まで長くとも40分強くらいまでで直結の駅で駅近物件でないと1時間以内の職場通勤は無理そうです。皆さん駅10分以内を探しますが、都心に近く駅から遠い物件と少し遠いけど駅から近いところも天秤にかけていくでしょう。更には、にぎやかな駅が良いという方もいるでしょうけど、アンケートからは繁華街などでない静かな環境の駅のほうが人気のようです。今後更に都市部で物件供給が多くなり、日本人が減少していくならば、横浜、さいたま、千葉への通勤を除いて考えれば、東京圏でも山手線ターミナル駅へ1時間以上かかるような街は更に活気が落ちていきそうです。



人気ブログランキングへ








家、マンションの面積はどれくらい?

うちは2人とか4人家族だけど、??平米のマンション、家に住むのは大丈夫かな、狭いかな、等考えます。広すぎる、、で心配する余裕のある方もいるのでしょうが、多くは狭すぎないかな、、を心配すると思います。

国土交通省では日本で文化的な生活を家庭でおくるのに、最低限必要な基準を示しています(住生活基本計画における最低居住面積水準)

単身家庭で25平米
2人以上の世帯では 10平米×世帯人数+10平米
  (大人2人なら30平米、3人なら40平米、5人なら50平米で、3歳以下の子供については大人0.25人分、3歳以上6歳未満は0.5人、10歳未満の子供は0.75人として計算します)

最低限の値に対して、国土交通省が目指している(望ましいとしている)誘導基準があり、

都市部では
単身者40平米
2人以上の世帯では 20平米×世帯人数+15平米

都市部以外では
単身者55平米
2人以上の世帯では 25平米×世帯人数+25平米

基本的にこの値で考えてみるといいようです。

ただ、、平成25年の住宅・土地統計調査でみても、日本の全世帯中最低基準以上で生活できている方は90.4%。民営の借家で生活したいる人では80.4%のみです。誘導水準でみると、達成できている方は全体の56.6%のみ。

1住宅当たりの延べ面積が全国で少ないのは
1位 東京63.54平米(19.34坪)、2位 大阪75.01平米、3位 沖縄75.60平米、4位 神奈川75.92平米、5位 埼玉85.44平米。
逆に延べ面積が大きいのは1位富山150.08平米、2位福井143.83平米、3位山形138.78平米

平均値で見ても、東京の住宅に対して富山では2.5倍の面積で建てられるので、当たり前ですけど、どの県かも重要。
1住宅当たりの面積が平均で最も少ない東京では
最低居住面積水準以上で生活できている方は持ち家の方で96.8%、借家で72.5%、全体で78%のみ。
誘導居住面積水準に至っては持ち家で62.5%、借家では23.7%、全体で40.0%。

東京23区では一人当たりの面積は平均で19.9平米(こういう統計では中央値はきっともっと小さいでしょう)であり、一人当たりの平均値と最低基準で比べてみても、基準の達成にハードルがいかに高いかわかります。

特に核家族化している日本では子育て世代などは一家の人数も増えて、一人当たりの面積は更に少なく暮らす傾向にあります。
国の考える文化的生活を送る”最低水準”と言われても、、、東京に暮らす等大都市に暮らすと考えれば、その水準以下でうまく暮らしている方も多いようです。
一つの基準ですけど、どの県に住むか、子供たちと後何年過ごすのか、、ライフプランも含め、やり方、考え方ですね。



人気ブログランキングへ








マンションと戸建てが拮抗しています

平成25年住宅土地調査によると戸建て、マンション等の共同住宅の供給は年々続いていますが、そのペースは共同住宅のほうで多いため、年々戸建ての割合に比べ、共同住宅の割合が多くなっています(長屋建ては年々減少全体の2.5%まで減りました)。全国で一戸建ての住宅の方の割合が54.9%、共同住宅の割合が42.4%です。
関東大都市圏としてみると41.3%が一戸建て、56.7%が共同住宅
近畿大都市圏としてみると48.1%が一戸建て、48.4%が共同住宅
中京大都市圏としてみると54.8%が一戸建て、42.5%が共同住宅
三大都市圏以外では66.4%が一戸建て、30.7%が共同住宅

大都市圏でも関東では共同住宅の割合が一戸建てを大きく引き離していて、近畿では均衡、名古屋圏では一戸建てが多い。大都市圏以外では共同住宅に住む方は3分の1以下。

戸建て住宅については木造が92.2%で、国土交通省発表の統計によれば平成に入ってからは大体8割は2階建て。平屋は昭和の時代年々減っていたのが、平成8年くらいでボトムとなり、最近はフラットハウスとしてかえって、バリヤフリー感、おしゃれ感、ロハス感の観点から全国では再び増える傾向にあります。3階建て以上の住宅は逆に全国で年々増えていたのですが、平成8年ころからは逆に地震の時の揺れの大きさ、階段の多さから減っています。東京、神奈川、埼玉、大阪、兵庫など都市部では、平屋は現在までも減少し続けており、3階建て以上の戸建てが増え続けています。皆さん一戸建てでは2階建てを中心に階段のない平屋を選択する考えも全国では再び増えてきているけれども、東京23区をはじめとする都市区では平屋で床面積を稼ぐのは大変で、土地を狭く、上に伸び続けているのが、実情のようです。

平成25年住宅土地調査によると、共同住宅では高層化が年々進んでいて、昭和58年には約85%が1~5階の共同住宅だったのに対し、5階以下は全国で64.5%まで減少していて、6階以上や超高層マンションの割合が多くなっています。東京ではその傾向は顕著で、昭和58年には81%の共同住宅が5階以下だったのが、平成25年には5回以下は58.4%となり、19.3%は11階以上。
自分は職場、家含めて10階以下がほとんどの生活空間ですが、共同住宅で19.3%の方は11階以上の空の上で暮らしていらっしゃるんですね。

戸建て、マンションともに傾向として都会ではまだまだ、上に上に、空に向かって高く伸びそうです。



人気ブログランキングへ







| ホーム |


 ホーム  » 次のページ