FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

今年中の利上げ

11日にイエレン議長は年内の利上げが適切となる(いつものように条件により変化するとのコメントも加えてですが)とのコメントを出しています。やはり9月または12月に利上げとなりそうです。米国金利は2.42%まで上昇し、ドル円は122円80銭台まで円安となりました。225先物CMEも20110円となっています。Ray Dalioさんは2007、8年の数十年単位でのバブルの崩壊から2、3年のdepression時期を経て、現在はその後7から10年のreflation時期(失われた10年)の中と説明しています。ここからreflation中での利上げ時期となっていきますが、Ray Dalioさんは中央銀行、政府が正しい対応を取れれば、過剰となった債務は処理され、その後の長期の正常な経済活動(inflation)へと戻れると説明しています。その意味ではここからの利上げはいつもの短期の経済サイクルでのFRBの金利調節よりは、やはり注目度は高くなるでしょう。金利は年初より上昇し、ダウリート指数も年初より低下してきており、世界がFRBの調節とマーケットの反応を見ていくこととなります。中国ではまさに今バブルが崩壊して、デレバレッジの時期に入ったのではとの指摘もあり、共産党が株価、その他の資産価格の維持をできるのかどうか、見ていくことになりそうです。日本は今週は安倍首相が安保法案を委員会、衆議院と通過を目指しそうです。安保法案が無事に順調に通過し、指導力を増していくのか、支持率が徐々に低下している中で、法案が足かせとなり、さらなる支持率低下につながるのか、流れが出てきそうです。このようなことがうまく運び、株価はさらなる上昇を目指していくのか、うまくいかず、混乱に足を引かれるのか、、、未来は読めないので引き続き、持ち株でついていく感じです。


人気ブログランキングへ

<< 中国株空売り捜査 | ホーム | トヨタ株購入しました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム