FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

中国のドイツへの影響

中国の株価低迷がニュースになっていて、バブルが崩壊して実体経済が縮小するといった見方と、あまり実体経済に影響しないといった見方と分かれています。日本の最大の貿易相手国は中国とアメリカなので、中国の経済状態は日本の経済状態に影響を与えることがよく論じられます。ドイツと日本はGDPで世界3位、4位の経済大国ですが、この日本とドイツの中国輸出状況の差異がレポートされていました(Y. Noharaさんのブルームバーグ記事)。日本では2008年から2014年まで対中国輸出はあまり変化していないのに対し、ドイツでは同じ期間で対中輸出総額は2倍以上に増加しています。日本は最近言われているように輸出は全経済活動の中で占める割合は現在はあまり高くはなく、GDPに占める輸出の割合は15%であるのに対し、ドイツでは40%を占めているそうです。このようなレポートを見ていると、ドイツがユーロ圏にギリシャなどと一緒に存在していることで、得しているという説もなんとなく納得でき、中国の経済活動がユーロ圏の経済活動やDAX 等の株価指標にも大きな影響を与えてしまうことがなんとなく理解できます。


人気ブログランキングへ

<< 商品指数が下げています | ホーム | 中国株が下落しました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム