FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

資源価格の推移

WTI原油価格は1990年代は20ドル程度で推移し、2000年代に入っても20から40ドル程度で推移していました。2004年ごろから原油価格は急速に上昇し始め、100ドルを突破していきます。歴史上はじめて100ドルをつける時に(2007年だったかと思いますが、、)、100ドル指値を入れたマネージャの弁として、お孫さんに自分が初めて100ドルつけた人だと将来言うため、という半分冗談のトークをしたことがニュースになったのを思い出します。2008年にはさらに上昇し、140ドル台をつけて、リーマンショック後の不況で30ドル台まで暴落しました。その後再び2011年に110ドル台程度に上昇し、100ドル近辺で推移した後、昨年末から再び暴落しています。現在は48ドルです。

鉄鋼石価格も1980年から2000年程度までは10ドル台で推移していました。2005年ころから急上昇し、2011年には190ドルのピークをつけています。その後は価格は崩落し、昨年には60ドル台、最近では40~50ドル台まで下落しています。

金、銀、プラチナ等の貴金属の動きに目が行きがちですが、その他の商品価格もここ10年で大きな動きをしています。目を通したレポートでは、今後しばらくは世界はデフレ基調、資源価格もしばらく下落基調で、2008年のような大きな上昇を望めないとするものが多いと思います。鉄鉱石価格は35ドル程度もみたいなレポートもあるようで、2000年以前の価格まで落ちていくことになれば、現在の価格からさらに半額以下に下げていくことになります。原油先物価格、鉄鉱石スポット価格は2008年のピークから見ると半値八掛け二割引き(1/3)程度には落ちてきていて、昨日のブログにものせたように、CRB指数のような総合指数でみた場合も、2000年以降でのボトムに近い値になってきており、資源価格についても、ここから先、原油や、鉄鉱石価格が40ドル台を下回るような価格にさらに下落していくのか、40ドル台程度が底値になるのか、見ていきます。


人気ブログランキングへ

<< 日米の株価のトレンドは | ホーム | 商品指数が下げています >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム