FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

FOMCを迎えます

16、17にFOMC定例会合が開かれます。金利を上げるのかどうか、現時点で市場に織り込まれている9月利上げの確率は30%を下回っています。
利上げしない場合、当初の反応として、株価が下げる方向に反応することは考えにくい気がします。米国株価指数はまだ割高気味ですが、全般に低金利が続く中、今後しばらくの間長期にわたり割高気味に推移していくのかもしれません。ただ、やはり全体に割高気味なので、また、しばらくすると次の12月会合での利上げをすったもんだしていくことを考えるとどこまでも上がるみたいにはならなさそうな気もします。利上げをした場合、さらに下げそうな気がしますが、10%以上の下落がすでに織り込んだ水準とされ、あく抜けみないに言われて落ち着くのかもしれません。ドル円の為替については利上げで円安、利上げしなければ円高と考られていますが、こちらも120円台は比較的円安水準になっており、利上げをしても材料出尽くし感みたいに言われて円高方向に動き出すきっかけを与えるようなこともないとは言えない気もします。
日本株は日経も高値から3000円程度下落してきており、1、2か月前と比べるとかなり割高感が薄れました。ただ、日本株の自分のイメージはシクリカル銘柄(景気に株価が大きく左右される銘柄)みたいな面もあると思いますので、米国景気が悪くなる方向性が出ると、今の日経のPER14倍が、日本株の利益予想が全般に下がるっていくことで割安感がなくなってしまい、安くなくなるみたいなことも景気鈍化の局面ではあり得ます。やはり米国の景気次第ですかね。今のPERなら景気鈍化がなければ、戻っていく方向になることは間違いないですね。
全般に米国株価指数はまだやや割高な中、日米ともにここ1,2年では買えなかった株価に下げている銘柄も多く、今年前半に買いを入れるなら、株価的には今のタイミングのほうが買いにはよくなっています。貪欲過ぎてもいけないと思いますが、ビビりが過ぎてもいけない気もするので、先週はFOMC前でしたが、自分は打診買いをして、FOMCを待ってみます。


人気ブログランキングへ



<< 今週の売買が始まります | ホーム | 打診買いしています >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム