FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

先週の売買

米国株でGS(ゴールドマンサックス)を全売却し、IBM、WMT(ウォルマート)、T(AT&T)、VZ(ベライゾン)を購入しました。GSは8月24日にダウが急落したときに買ったのですが、その後も少し下がってきているので売却しました。IBM、WMT、T、VZはいずれも3%以上の配当が出ており、長期の配当利回りがほしいので購入です。IBM、WMTは買い増しし、T、VZはここ1、2年全売却していましたが、ここ1、2週で再度購入しました。最近買い増ししたKO(コカ・コーラ)、PEP(ペプシコ)、PG(プロクター&ギャンブル)やMCD(マクドナルド)等も含めてもっと下がればこれらの保有中の銘柄はゆっくりと買い増しを考えていきたいと思います。
日本株では日立、日本BS放送、ミサワホームを購入しました。優待とか論じている時期でないのかもしれませんが、日本BS放送、ミサワホームは株主優待にも魅力があり、購入しました。TOPIXの1400前半は日経の17000円前半に比べて割安に聞こえるのと、600円そこそこの株価の日立は一言で何とかショックみたいのが来てもここから半額になるイメージが自分ではつかないので、自分の勝手な値ごろ感で反発してみてくれればと購入してみました。現在の日立の指標はPER9.70、PBR1.02、配当利回りが1.6~2%です。悪くないようにも見えますが、景気がピークアウトしたときの景気敏感株はPERが下がり、配当利回りが良くなって、割安に見えるパターンもあることに注意する必要性のあることがよく言われます。日立のような銘柄については下がる場合はこの値段からの断固買い増しよりは、一度損切り、出直しを考えると思います。


人気ブログランキングへ





<< 逆三尊? | ホーム | 日米のPER >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム