FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

10月1日都民の日に

昨日は日米株価ともに上昇し、9月取引が終了しました。今日から10月、うちの女の子たちは都民の日でお休みだそうです。自分も相も変わらずくたびれているので、都民の日がほしいですが、残念ながら今日も一日フルで仕事です。

米国株では特に、季節的なアノマリーは有名で5月から10月は株取引を控える月とされています。5月から10月は概して成績が悪いため、5月に株を売っておいて、10月から11月に株取引に再インするのが良いみたいな考えで、あまりに有名なのでほとんどの方がご存知と思います。
今日からその10月です。夏場からもやもやしてきた日米市場は8月末から急落、米国株は2番底探し、日本株は2番底での反発ならず、おとといには日経16901円と17000円割れ、TOPIX1371円と1400円割れも見ました。10月はアノマリーからだけ考えれば、日米株の秋の底を9月かこの10月にみて、年末へのラリーを始める月となるのかもしれません。日経平均の16900円前後は予想PERで13.5倍割れ、昨年ベースでの計算でも14倍台です。日本企業が予想された利益を今年積み上げるならば、数年ぶりでの割安価格、日本企業が残念ながら今年の利益の積み上げがなく、昨年度と同じ利益となっても、まだ割安。この株価が今織り込んでいるのは半年後3月に日本企業が昨年度と比べ軒並み減益決算となるということになると思います。今年の秋冬に突然経済活動が急減速し、そのようになるかもしれませんが、日々の株価の変動の中での売り込まれすぎなのかもしれません。

この10月にダウ、日経が8月、9月安値を更新していくところがもし出てくれば、怖いですけど、一度買い場になるのかもしれませんね。


人気ブログランキングへ




<< 弟の株運用の損益 | ホーム | 714円安でした ( ´_`) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム