FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

S&P配当貴族指数とダウの犬

ダウの犬はご存知、ダウ銘柄を配当利回りのいい順で投資すると、結局パフォーマンスが良いとする投資方法です。日本株でも日経225その他の枠組みでダウの犬での投資を行っている方もいらっしゃると思います。

米国株投資でダウの犬を考える枠組みとしてはダウ銘柄が当然代表的ですが、S&P配当貴族指数で行う方もいます。S&P配当貴族指数はS&P500社の中で25年以上連続で増配をした企業54社(すごいですね)から産出される指数です。米国を代表する巨大企業のみで構成されていて、この枠組みでダウの犬をする方がいるわけです。8月急落分を回復した現在がダウの犬を行うタイミングとしていいかどうかは各人のご判断として、あくまで利回りトップ10企業を興味本位に見てみると。

1. HCP (HCP) 5.9%
2. AT&T (T) 5.6%
3. Chevron (CVX)  4.76%
4. Emerson Electric (EMR) 3.98%
5. Consolidated Edison (ED) 3.98%
6. AbbVie (ABBV) 3.77%
7. Exxon Mobil (XOM) 3.55%
8. Nucor Corp (NUE) 3.52%
9. Procter & Gamble (PG) 3.44%
10. Wal-Mart Stores (WMT) 3.38%

ちなみにダウ銘柄ではその他、Coca-Cola (KO)が3.08%、MacDonald's (MCD)が3.02%と11、12番目に入っており、Johnson & Johnson (JNJ)が2.96%で14番目です。

更にちなみに、トップ10企業の株価平均は58.79ドルで利回りの平均は4.19%となります。


人気ブログランキングへ




<< 日銀、金利先物と売買 | ホーム | 米国GDP 日銀 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム