FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アメリカ人の銀行預金額

アメリカ人で1万ドル(120万円くらいですかね)以上の現金を銀行預金口座(セイビングアカウント)に有している方の割合は?
どれくらいだと思いますか?

自分は当然そんなこと考えてみたこともなかったですが、E Kirkhamさん(GoBankingRatesエディター)によると、グーグルサーベイでの2015年9月11日から13日に施行した5006人の回答からは、1万ドル以上の現金の預金をしている方は14%だそうです。62%の人は1000ドル(12万円)以下しか有していないそうです。

記事でこの数値を見た時の自分の第一印象はすごく低いです。
ただ、アメリカの銀行預金口座はセイビング口座の他に日々の支払い用にはチェッキング口座もありますし、アメリカ人の多くの方は金融資産は株式中心で持っています。更に年金で積み立てる方もいるでしょうし、現金に近いMRFでおいてる方が多いのかな。。等と考えてみたりすると、そんなものなのかもとも思ったりします。本当にその日暮らしで、預金ゼロの方もいるでしょうが、アメリカ人は現金を預金口座に眠らしておくのは嫌いなのでしょう。

日経ビジネスオンラインの9月30日付(堀田佳男さん)記事で米バンクレート社からの報告書が紹介されていて、過去1年間に年金積み立てを取り崩した方が、米国で3000万人以上との記事がありました。米国では日本のような高額な退職金はほぼもらえないため、老後に積み立てている年金を取り崩すのは、やはり家計は苦しいのでしょう。93%の方は老後退職して年金だけで生活するのは不可能(7%の方は何とかできると考えたということでしょうか)と答えているそうです。

このような記事から自分が思うのはアメリカ人は銀行預金口座を本当に使わないのだな、ということ。米国市場は去年、今年、史上最高値を更新し続けており、過去どのタイミングで入っても、皆さん運用益が上がっている今のタイミングでも、年金を取り崩して生活している方が非常に多い、ということ。今の日本でも老後ゆっくり退職して悠々自適に余生を暮らす等と考えられる方は7%もいない気がしますが、日米ともに、日々の暮らしは自分も含めた多くの中流階級以下の方には苦しいところも多く、バラ色な老後を考えているかは、やはりごくごく少数派なのですね。やはり金融リテラシーを高め、ゆっくりとでも運用できるようになりたいです。


人気ブログランキングへ







<< 来年のドル円レート FXと日経先物での注意点 | ホーム | 今日はドル >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム