FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

教育費が最後の聖域なのかな

子供一人の教育費は大雑把にトータル1000万円と言われているようです。当然これは公立学校に通わせるか、私立学校に通わせるかで大きく違ってきます。公立学校に通わせる場合にも塾費用などもかかってくるでしょう。

うちの女の子は中学校から私立校に通っています。中高一貫校ですが、大学は公立にしてもらいたいと、親としては説に願ってみています。下の子も少学校ですが、上の子を見て、塾に通っています。上の子と同じ学校に進学することを、小さいながらもすでに人生設計に組み込んでいるようです。

自分は子供が大きくなってくるまでは、あまり教育費は考えていなかったですが、、、実際に子供が学校、塾に通いだしてからは、負担が重いことを痛感しています。子育て終了世代の方は、お分かりでしょうが、自分もそうでしたが、お子さんが小さい方などは、今よりもずっしりと負担が増えることを想像している方は、あまり多くないのではないでしょうか。

ファミリーラボ主宰の草野真理さんは子供の教育費としてざっくりと目安を示してくれています。
高校まですべて国公立の場合:
小学校およそ30万円/年
中学校およそ45万円/年
高校およそ40万円/年

高校まですべて私立の場合:
小学校およそ140万円/年
中学校およそ130万円/年
高校およそ96万円/年

大学は、4年(6年)大学の場合、
国立・・・・・約250万円
私立文系・・・約400万円
私立理系・・・約500万円
私立医歯・・・約2300万円
専門学校(2年)・・・平均220万円
下宿するなら別途約400万円

公立小中学校のお子さんはかえって塾代のほうが高くなるようです。ソニー生命保険の調査報告によると、中高校生の親御さんでの学校外の教育費の平均は月16079円とのことです

政策金融公庫の2月20日発表のデータでは年々お給料が減ってきている中、年収400万円以下の世帯では教育費が年収の4割に達してしまうようです。

住宅、保険、教育費は人生3大出費だそうですが、うちでも、出費の中で、自分の保険代、旅行代、外食代、衣料品代(ここ5年くらいはほとんど服は買ってない気がします)とどんどん削っていますが、教育費は削れていません。自分にとって、また、多くの方にとって、最後の聖域になるところですかね。

想定以上の出費が待ち構えているかも、、、なので、教育費負担は就学前のお子さんをお持ちの家庭では甘く見てないほうがよさそうです。


人気ブログランキングへ



<< 安くなるなら、買ってみる。 | ホーム | ひふみプラスの積立結果は? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム