FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

19000円割れ

先週の取引は日経平均で18986円で取引が終わっています。日銀発表を見て、上下に大きく振れた週末の取引でした。19800円の株価が19000円割れとなったので、少し残念な思いをした方もいらっしゃって、後味が悪い感じに見えます。

上下への大きな振れが終わってふっと考えてみると、18986円の株価は日経平均の予想PERで15.06倍(実績で16.5倍)。19000円割れは大変下がったようにも感じられますが、冷静に考えれば19000円割れは最もオーソドックスな株価位置にも見えます。現在の2016年度の増益率見通しは日本株で8%台程度という予想値が出ていて、2016年度の予想増益を1年先回りして全て株価に織り込むとしても、現在の値から8~9%増の20500円から20700円がいいところのようです(市場の予想は証券会社さんなどはポジショントークを含めているかもしれないことも注意です)。

自分としては大雑把に、2015年度の予想増益を取り込んだ現在の日経平均株価は決して安すぎる値段には見えなくて、現在の時点において考えるPER15倍のちょうど良い株価範囲内と思います。1年以上先の未来までを株価に織り込みに行きたい人は2016年度を考えて15倍をポジショントーク込で20500円程度くらいまでに見るのでしょう(今の時点でも、1年以上未来までの時間軸で考えればPER15倍のイメージは少しずつ人によって変わりそうで、PER15倍を適正株価とするにしても人による違いはありそうです)。あとはこの予想増益率から実際の日経の増益の上昇率が大きくなるか、小さくなるか(増益率がぐっと大きくなれば、今の株価は全然安くなって、一転来季減益ともなるならば、今の株価でも高めとなってしまいます)、更にその時の市場センチメントが楽観に振れるか、悲観に振れるかで予想日経平均株価からの上下への振れが出そうです。

予想増益率を大きく増減させる、市場センチメントを大きく上下させる理由として、自分としてすぐに浮かぶのはドル円の為替レートとアメリカの景気の行方です(中国は来年すぐにすべての経済状態がV字回復、、、、はやっぱりないでしょう)。現値がちょうど良い範囲内であれば、これらの上下が日経を大きく上に下に振る原因となりそうです。これらも動かずに、1年が予想通りに進んでいくならば、日経平均株価はその時のセンチメントで多少の上下をしながら、20500円を目指していくのでしょう(ただ、センチメントの上下だけでも大きいものではあるので、1年予想通りいくとしても、株を中長期でいっぱい買いに行くなら、もう少し安くなったところで買えないかなと思ったりしています)。


人気ブログランキングへ



<< あと数日 | ホーム | 今週の売買 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム