FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

米国株、日本株の株価位置は

1月は下落してスタートしています。指数株は大きく下落していますが、自分の持ち株はあまり下落幅は大きくはない物が多いようです。田舎の山奥で遠い都会の出来事を眺めているようで、、、。ただ、のこのこ参戦しに行った新興国株指数取引は、田舎者の鴨ねぎが百戦錬磨の都会のギャングたちに身ぐるみはがされそうです。昨年5月には、ニューヨークダウは18351、SP500は2134で高値でした。現時点でのダウの株価は16577、SP500は1950で推移しています。日経は昨年6月に20952をつけて、17767となっています。それぞれの下落率で見ると、ダウは10%、SP500は9%、日経は15%となっています。

騰落レシオは68.9と70を切って60台に突入してきました。今週は週初めに金鉱株をかいましたが、今日は少しだけまた日本株を買ってみようと思います。ジョージソロスさんがインタビューで現在の市場の状態について2008年リーマン危機前に類似していて、危機勃発を注意喚起したことがCNBCニュースに載っています。中国の状態について、ソロスさんは世界経済に対して非常に重く見ていることがわかります。ジムロジャーズさんも市場には警鐘を鳴らしていて、やはり注意は必要な状態のようです。ただ、逆にこれだけ世界、世間が注意喚起しています。リーマンショックの時はリーマンブラザースがなくなる寸前までほとんどの人が、絶好の株の買い場と言ってたと思いますから。人間学習能力もあるでしょうから、自分ではリーマンショックが来て数年でのリーマンショック再来は想像するのが難しいです。次にいつか来る米国のベアマーケット(すでに自分たちは半年いるのかもしれませんが)、は普通の米国リセッションまでなのでは、みたいに思ってしまいます。



人気ブログランキングへ



<< 昨日の雇用統計 | ホーム | 為替でドル高が進行しています >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム