FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

先週の売買

1月入ってから2週間で、丸紅、マネックス、飯野海運、新日鐵住金、ドトール・日レスホールディングス、CVX(シェブロン)、ABX(バリックゴールド)、ADM(アーチャーダニエルスミッドランド)を買いました。SPXSは全売却しました。

ドトール・日レスは昨年売却していたのですが、株主優待に変更があって、100株で1000円分のお買い物ができてポイントを貯められるお買い物カードになるようで、優待だけにつられて、何も考えずにすぐに成行寄付での買いを注文して買ってしまいました(自分の希望は半期ごとだと本当は良いのですが)。優待だけを考えれば300株保有で3000円分のようです。

その他の株も丸紅やCVX、ABX、ADM等は現在の原油・金・商品安ですぐに上昇する糸口はどこにもなさそうです。商品の一段安が進めば、目も当てられない事態になり得ますし、商品のスーパーサイクルは数十年単位の高値を付けて、ここから数十年は底値を這い、上昇することはないのかもしれません。丸紅などの商社株も商品高値で買ってきた資産の現存処理をこれからしていかなくてはならないかもしれませんし、ADM等はさらにもう少し待ってからのほうが良いかもしれません。飯野海運、新日鐵住金も全治10年ともされる中国バブル崩壊で買うより、売ってたほうが良いのかもしれません。ただ、これくらいの株価なら世界経済が壊滅しても10年後とか遠い将来いつかは元値に戻るとか、2倍になるとかしそうで、大きく下がればゆっくり買い集めていきたいです。

いずれにしても、米国景気の行方が心配される中で、米国景気が世界景気(中国、新興国の景気スローダウン)との綱引きに負けて、後退することとなれば、バブル崩壊の中国は米国景気なしに自国で上昇していくとは考えにくいため、世界GDPランキングで1位の米国、2位の中国が逆ワンツーフィニッシュ、そうすれば、新興国もダメな中で世界第3位の日本以下だけで世界経済を保てるはずはないでしょう。

そんな中、このようななんとなくな買いはダメかもと自分でも思いながらも、すぐには上がりそうにない株を今週は、買い始めてみました。



人気ブログランキングへ





<< おそらく17000円割れ | ホーム | 熱くなりすぎず >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム