FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

日銀マイナス金利

マイナス金利に各種条件付きながら踏み込みました。今回米国のアナリスト予想でもマイナス金利を予想していたアナリストはゼロの状況での決断に、同日はBloomberg等でも黒田総裁の写真とともにネットトップ記事に載り、緩和のアナウンスメント効果は大きかったと思います。

大きくは緩和をアナウンスし、通貨安への誘導を図る政策と考えられます。ドル円も円安が急速に進み、121円近辺で金曜日はある程度落ち着いてきて取引が終わりました。225先物CMEも17855まで上昇しており、週末の日経の17518より一段株高がすすんでいます。

金曜日の日銀のアクションに反応した円安、株高で、自分も円建てでの資産計算で年末比100.02%と全金融資産は年末に戻した形で週末の取引が終わりました。

どこを歩いていてもビルの再開発工事現場に行き当たるような都内各所でのビル建設が続いており、2020年のオリンピックまでは大型再開発の予定が目白押しだったり、また、今回の日銀のアクションを見ても、株価が今後参院選に向けてどんどん高値をとっていくとの予想がでるのもわかる気はします。米国の雇用状態もほぼ完全雇用で近年にないほど非常に強い状態で、アメリカ株のPG、XOMやIBM、AXPなどの株価の推移を見ていても各ダウ銘柄は去年のチャイナショックと今年年初の株安でダブルボトムを付けにいっているようにみえ、米国株も巡航速度に戻していくようにも見えます。

ただ、今回の日銀のアクションでは土日に入り、通貨安戦争との言葉が再び使われだしたり、日銀の手詰まり感を指摘するコメントも出ています。日本の国債金利も欧州に続き、マイナス金利が進み、個人的には日欧での債権投資は完全に考慮できないくらいまで、債権価格が上昇(利回りが低下)しています。逆の目で見れば、米国の完全雇用を見るまでの状態の中で、日欧では債権利回りがすでに消えてなくなっています。この状態でダウの先週末でのPER、今週がCME終値の17855で始まるとすれば日経のPERは、ともにジャスト15倍くらい。米国株も下落した、なんて思っても、我に返ってみるとここら辺が実は程よいところかもしれません。

米国と新興国の綱引きの構図変わらず、日銀緩和でも世界的な情勢は何も変化していない気はします。それに加え、昨年8月、年初の株急落でマインドはかえって、昨年度の急落よりは悪くなっているのかもしれません。米国完全雇用の雇用トップスピードなのに、日欧の緩和策はかなり幅が狭くなってはきています。本当にまだら模様で、、、。

今後、原油・商品の推移やその他で劇的な変化が出てくるかもしれませんが、日銀緩和があったといっても、16000円を見た日経や日経先物は来週開始時にはすでに2000円前後高くなってきていて、来週は自分はここからは基本的には買いに行かないつもりで見ています。来週も株価が上昇するなら、少ないながらも自分の金融資産もお小遣い程度のプラスが出ますし、かえって早くに利益確定を考えるかもです。月曜日夜のISM製造業景況感指数とか、フィッシャーさんの話とか、、も自分はどんなか見てみたいです。



人気ブログランキングへ


<< 今週の取引が始まります | ホーム | 今週の売買 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム