FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

相場観をすすめて(4)

相場観をすすめて(1)、(2)、(3)からの、自分の頭の整理では、商品安、新興国安の影響のみを非常に受けやすいものは昨年チャイナショックから今回の下落で買ったほうが良さそうで、米国景気減速に伴って下落しやすいものは米ドル下落とともに買ったほうが良さそうとの判断が基本路線。独断と偏見の相場観をすすめての全く個人的素人戦略を立て、自分なら米ドル高となるときは商品は相反して上がりそうですから、原油・金みたいな商品そのものであればもう昨年、今年に買ってみて良いもの。おそらく米国景気がガタガタ言われる米ドル低下時はかえって上がって買いにくくなってしまうことがありそうです。米国景気を反映する資産は米ドル低下が進むときに買ったほうが良いものとの理解。

そのような観点からは昨年チャイナショック時に一番買った米国株はPG(プロクター&ギャンブル)。基本世界戦略が全面で、比較的景気の影響が出にくいとされる銘柄との判断です。昨年チャイナショック時、今回の下落でXOM(エクソンモービル)、CVX(シェブロン)、ABX(バリックゴールド、金鉱株です)、ADM(アーチャーダニエルミッドランド、穀物メジャーさんです)等の原油・金鉱・商品株を買いました。この中では株数だけで見ればバリックゴールドを一番買っています。基本は商品下落の影響が大きな銘柄ですが、米国事態の動態の影響も否定しきれません。逆にAXP(アメリカンエクスプレス)、WFC(ウェルスファーゴ)等の米国金融株は前回、今回の下落ではまだ買っていませんでした(急落でGSを少し買いましたが、すぐに売却です)。ここから買い出動を考えたいからです。

実際にはここまで単純に整理はしきれないで、当然新興国株下落は米国景気減退の影響を受けますし、ダウ代表銘柄としてのXOMやCVXが米国株価下落時に全く影響を受けないことはありえないでしょう。例えば新興国であれば、新興国安でのタイミングで今は下落しているわけですが、米国景気減速での下落が今の新興国下落による下落より強く出て、一段大きな下落をする国と、下落が比較的少なくて済む国とに分かれるみたいになるのかなと考えています。日本株でも、新興国下落・商品下落でかなり十分なところ下げてきている株と、実は次の米国下落のほうが下落分は大きくなる株とありそうに思います。自動車株などは新興国の影響も当然受けますが、、米国景気のほうが影響は大きそうな、、勝手な妄想です。

また、コストコとの取引終了の影響が出たといってもAXP(アメリカンエクスプレス)は今の年明けの下落タイミングで数割の下落を現在呈しています。GS(ゴールドマンサックス)をはじめとし、WFC(ウェルスファーゴ)等の米銀株などもやはり若干の低下を呈し始めました。各種米国景気先行指数は急落はしないものの、いい数字は出てきていません。昨年12月時点では年2~4回の今年の米国利上げと言われていましたが、今では4回すると思っている方はほぼいなくなっていると思いますし、3月に利上げするとの予想も10数%まで落ちてきています。ユーロドル、ドル円、ポンドドルでも若干のドル安傾向が進んでいて、ドル低下傾向が出始めたのかもしれません。また、金価格、金鉱株価格も反転しているようにも思えます。すなわち昨年夏のチャイナショックは単純に米ドル高、商品安、新興国安の下落で終わったのに対し、今回年初からの下落では米ドル低下・米国景気減速に伴い起こりそうな事象がかぶってきていることに、自分は注意をしています。

このまま、米ドル低下が進んでいき、2つの株価下落事象が続発、かぶさって起こるのか、何らかの世界協調、世界事変が今回は商品、新興国安のみで株価下落を終了させ、米ドル・米国景気下落による株価下落は数年先となるのかはわからないので、株価が上がっていってしまうことには慌てずに、今は安くなったところで少しずつ買い増していきたいと思います。なんとなく、まだらにかぶさりながら二つ続けて起きてきそうな感じも出てきていますので、今までは銀行、金融株は基本待ちの姿勢でいましたが、米ドル低下傾向、AXP低下も出てきていて、これらも少しずつ買っていきたいと思います。自分の中で予想する二つの株価下落要因が明らかに2度に期間がわかれて起こるなら、今の新興国・商品下落に伴い起こる株価下落銘柄を一度大量買いすると思います。

今の株価は、相場観も上下大きく分かれる重要な分岐点のように思います。自分は為替、商品市況も少し含めて、去年から今年にかけての自分の頭での素人理解を書きましたが、当ブログはコメント書き込みは自由ですので、皆さんの現状の理解の仕方、また、自分の理解の仕方で訂正したほうがよさそうなことがあれば、自由なコメントいただければ、かえって今後の自分の投資にも役立ち、非常にありがたいです。



人気ブログランキングへ



<< 今日は買ってみます | ホーム | 相場観をすすめて(3) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム