FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ECB

あと15時間程度でECBの政策が発表されます。12月にドラギ総裁が3月金融緩和を発言していて、注目されます。

マイナス金利を0.3%から更に下げるのか、下げるとしたら、0.1%か0.2%か。量的緩和をするのか、するとすれば月次の債券購入額を600億ユーロから700億ユーロへと100億ユーロ程度か。新手の緩和策が何か飛び出すのか。。。ふつうに考えればマイナス金利を更にマイナスに下げるか、量的緩和か、その合わせ技かでしょうが、マイナス金利の拡大などの行き過ぎた緩和政策や近隣窮乏化策には徐々に世界的にも批判的な論調が出てきています。1.7%成長を見込む欧州は何%成長すれば、満足なのか、と考えると、そもそも論として今日は何のために緩和なのか、、、とも考えてしまいますが、12月の発表の宿題を今日に残した形となっているので、すごい緩和しても、形だけの緩和したとしても、それなりにそれに対して為替、株価は反応してしまいそうです。特に銀行株も買い始めてるので、世界マイナス金利競争の様相となってくると、持ち株のうちの銀行株は売られちゃいそうですね。

何するかもわからないですし、どう市場が反応するかもわかりません。FRB前で結構素通り、、も少しはあったりするかも。この3月、大きく動けばピンチとともにチャンスもあるのかもしれませんし、わからないので引き続き、その推移を見ていきます。。



人気ブログランキングへ





<< ECBでは緩和 | ホーム | ドル円112円 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム