FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

家庭の支出とフロー

先日、実家の親と電話で少し話をしました。

いろいろ話もしたのですが、その中で金融資産は、、、みたいな話をしたのですが、うちの親の意見は、2000~3000万円あれば、5000万円が、5000万円あれば、1億円欲しくなる。1億円になれば、今度は2億円欲しくなるだけ、ということでした。言いたいことは、いくらあっても、不安は消えないし、もっと欲しくなるだけで、資産で不安が消えるわけでない、が本人の金融資産に対する考えのようで、、、、結局の結論はその時ある分でやる、のようです。

自分も、最近漠然とそのように考えていたので、そのようにもっともっとと考えて、結局、不安は消えないだけなのかもしれません。ただ、その時ある分で十分のようにも、まだ、達観もできないですし。。。。

視点を変えてみると、資産のその総額という考えとともに、フロー(毎月、毎年に資産が生むお金)という視点もあると思います。ロバートキヨサキさんはこのフローを産むものこそが資産であると説明しています。

統計局ホームページでの統計データで(http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/index.htm)、二人以上の世帯での(今結婚されていない方も、一生独身を貫くことはあまり考えないでしょうから)家庭の支出のデータがのっており、今年1月1か月の消費支出は1世帯当たり 280,973円(住居費を除いては 237,540円)と報告されていました。ちなみに勤労者世帯の実収入は、1世帯当たり 434,330円と同じホームページに報告されています。

実際には各ご家庭でひと月の支出額は大きく異なるのでしょうが、このデータからは大雑把には、280973円/月×12か月=3371676円/年、、、更に毎月決まった支出でないような支出が仮に年50万円ほどくらいに見積もれば、年間387万円と400万円弱、月32万円ほどのフローを得られれば、平均的な生活をしていけることになりそうです。

運用によるトータル幾らの資産の獲得、といった目標も当然あるのでしょうが、もしも、その目標は到達したとたんに次々と新しい指標に置き換わっていってしまうものであれば、、、、年のキャッシュフローで、幾ら得る、みたいな目標も一つの目標になり得るのでしょう。例えば、総額いくらでなくても、年20万円のフローが得られるのであれば、10年続けられれば200万円得ていることになりますし、年387万円を達成している人であれば、10年で3870万円得ていることになりますね。そのように株価の上昇等のようにキャピタルゲインばかりを狙うのでなければ、キャピタルゲインは狙えないけど、毎年いくらといったインカムゲインを得る資産も、考慮に入り、運用の幅は広がるのかもしれません。



人気ブログランキングへ








<< 株価と配当が増える | ホーム | 今週の売買 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム