FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

日本の個人投資家像

全国20歳以上の7000人を調査した”証券投資に関する全国調査”によると、日本人の3人に1人は、預貯金も含めて、金融資産、金融商品に興味がないと答え、逆に株、投資信託、債券などの証券投資に興味があったり、必要性を感じている方は4人に1人しかいない結果でした。

同じ日本証券業協会で昨年7月時点で実施した2200人を対象とする(うち有効回答数1044)国内個人投資家のアンケート調査結果がホームページに出ています。

調査では60歳代以上の個人投資家が56%と半数以上を占めました。年収は、300万円未満が48%と 最も多く、約7割(72%)が 年収500万円未満。。。60歳代以上の方が過半数となるとすでにリタイアされている方も多いのかもしれません。

株式、投資信託、公社債の証券保有額は、 「100万円以上~300万円未満」が26%と約4人に1で最も多く、4人に3人は(75%)が 保有額1000万円未満とのことです。3000万円以上の証券保有されている方が6%。

証券保有では株式保有割合が多く、特に国内上場株式の保有がダントツに多い結果でした。全体の株式保有額は、 「100万円以上~300万円未満」が3人に1人(33%)と最も多く、約4人に3人(73%)が 保有額500万円未満。3000万円以上を株式で運用されている方は4%(25人に1人)。

全体として、証券業協会さんが実施したアンケート調査で、ややシニアの方の回答が多めに出るバイアスはあるのかもしれませんが、おそらく、国内個人投資家と呼ばれる方々を考えるときは現在は大まかにこのような線を思い浮かべるとよさそうです。



人気ブログランキングへ











<< 気持ちが弱くなる | ホーム | 日本人の投資意識 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム