FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

日本の人口は恐ろしいスピードで減少していくみたいです

国立社会保障・人口問題研究所が5年ごとに日本の将来の人口予測を発表しています。
ちょっと先の未来でも的中させるのが難しい経済予測の中で、人口の予測は当たりやすい予測であることが言われています。

本予測で見ると、2010年に全国で1億2805万人の日本人口は2025年には5.8%減の1億2065万人となり、2040年には1億727万人と16.2%減少する予測がたてられています。ずっと増加してきた日本の人口は頭打ちとなった後、初めは緩やかなピークを描きながら減少し、その後は加速度を増しながら減っていく予測です。現在65歳以上の方は約4人に1人以下の割合ですが、2040年には3人に1人以上が、65歳以上となる世の中との予測。街を歩けば3人に1人以上は65歳以上の方とすれ違う。今では悪名高い埼京線などでも通勤列車に駅から電車に乗れば、きっと朝夕のラッシュはかなり緩和されていそうで、若い方々の通勤者、通学者は激減していそうです。

2040年には人口が2割以上減少する市区町村が全国で7割を超え、北海道の自治体は現状のままであれば、半数以上の自治体が総人口5000人以下の自治体となる。2040年には日本の14歳以下のお子さんは2010年当時の3分の2以下(63.7%)になり、全国の3分の2の自治体で、14歳以下のお子さんは2010年からみて4割以上減少。。。。多くの自治体ではお子さんは半減みたいになり、1、2割程度は人がすかすかとなった街を中年以降の方ですれ違う。。。極端に言えば、ひと昔前に過疎の村、、みたいに取り上げられていた町が、2040年には山間部のみでなく、田舎、郊外区域へとどんどん全国に広がっていく感じでしょうか。

2040年て、、、まだまだ遠い未来みたいにも思えますが、、SF小説の未来ではなくて、自分も病気や事故にあわなかったら、しばらくして目の当たりにするはずの未来。このような人口推計がなされている中で、移民も含めた日本の人口政策、さらには徐々に加速度を増して減少する人口の中での経済政策をどう解決していくのがいいのですかね。日本の雰囲気だと、本当にこのまま経過して、上に書いたような世の中で自分も生活、経済活動していくのでしょうかね。



人気ブログランキングへ







<< 都道府県、市区町村でみた人口推計 | ホーム | 東京の人口って >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム