FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

で、だれが住むの?

電車で広告を見渡してみても週刊誌の中刷りの他では新築戸建ての造成、新築マンションの広告ばかり目につく気がします。どこどこに暮らす、、都心アクセス、東京大手町から、新宿から何分、、駅何分、何平米、、みたいな文言。

人口減少に向かい始めた日本社会ですが、居住物件の新規供給は年々大規模に続きます。都心の駅に近い古い戸建ては新しいブランドタワーマンションとして生まれ変わり、マンション価格はここ数年上昇しており、庶民には手が出しにくい価格になってきています。ただ、こんなに新しい物件を大量に供給していって、、大丈夫なのかといった疑問も浮かびます。

5年ごとに総務省から発表される住宅・土地調査では、年々増加する日本の空き家数は2013年で全国820万戸に達し、13.5%の家は空き家となっています。全国1の空き家率、山梨県では2013年ですでに5戸に1戸以上が空き家。大都市に、東京にと吸い上げられる人口の影響は地方からすでに出始めています。ただ、その東京でも2013年には81.7万戸(11.1%)が空き家物件。2003年には66.5万戸の空き家だったのが、2008年には75万戸となっての、2013年の81.7万戸ですので、東京でも大量に空き家が増えていることには変わりありません。1戸に2人ちょっとくらいの人が住むと考えれば、単純計算ではもう新規物件の供給を止めても、あと200万人分くらいは東京に住める住居はあるかも。今の東京の人口が1350万人であれば、1550万人になるまでは、新しく作らなくても今のままで住める。

この調査では空き家を売却待ちの物件、賃貸用物件、セカンドハウス・別荘の2次的物件、放置されてしまったようなその他の物件の4タイプに分けていますが、その街々で空き家でもどの物件タイプが多いかは異なっています。リゾート地では別荘物件が空き家として多かったりとか。。東京では賃貸用物件で59.8万戸が空き家となっており、東京の空き家全体の7割以上を占めています。そのような中で不動産調査会社タスが発表したデータでは今年3月の時点で賃貸アパート物件の空室率は23区でも33.7%、神奈川県35.5%、千葉県でも34.1%と過去最悪を更新しています。

田舎では一戸建てがご両親の他界とともに空き家として放置され、都会では賃貸を中心に条件の悪いマンション、アパートから、人がいなくなり始めています。これからだんだんと加速していく人口減少が、歯止めがかからず、新規物件供給もこのペースで続く場合の試算では2030、40年代には東京でも空き家率は30%越え、全国的には40%を越えてくる厳しい見立てがなされています。地域の空き家率が30%を超えると治安上の問題も非常に大きいようでもあります。イギリスなどヨーロッパ各国に比べても新規物件供給が、日本においては過剰な状態であるとのレポートもあり、新規のマンション、戸建ての供給ペースがどこまで持つかですね。
大相撲の年寄株みたいに戸数を制限して、今の全国の戸数で年寄株みたいにしちゃえば、マンション立てるにも部屋数を確保しなきゃいけないですし、土地、建物の値段は上がりそうですが、、そんなことはありえないでしょうね。ふつうに考えれば、値段の目減りしにくい物件と値段が付かない物件と差がどんどん大きくなるのでしょう。



人気ブログランキングへ







<< 各家庭での負債、ローン残高とその目的は | ホーム | 日銀現状維持 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム