FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

各家庭での負債、ローン残高とその目的は

平成27年の”家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)”によると全国で借入金のある世帯は約4割の39.2%。

年齢別では20代で23.6%、30代で50.2%、40代で62.5%、50代で53.9%、60台で26.1%、70歳以上では14.9%の世帯で借入しています。30代、40代、50代では半数以上の家庭で借入して生活。

借入額は2000万円以上の高額が25%。収入が300万円以下のご家庭を除いて、あまり収入によらず、借入があるご家庭では年代別の借入額の平均、中央値は
     平均値    中央値
20代  1202万円  195万円
30代  1771万円  1719万円
40代  1585万円  1475万円
50代  1316万円  900万円
60代  976万円   500万円

借入有無関係なく全家庭での借り入れ額の残高は平均533万円、中央値は0円。年代別では
     平均値    中央値
20代  284万円   0円
30代  856万円   0円
40代  955万円   218万円
50代  684万円   50万円
60代  234万円   0円
70代以上 223万円 0円

日本では30代、40代、50代家庭では半数以上のご家庭で借り入れがあり、全世帯の平均値で見れば30代、40代家庭では856万円、955万円の負債残高を抱えて生活している。結局ローンを組んでる家庭はそれ相応の額を借りていて、その平均値、中央値を並べてみても、借りるか、借りないか、二つの家庭のパターンにきれいに分かれているように感じます。借りてる家庭では30代、40代では大雑把に1500万円から1800万円程度の借入残高を抱えての生活。


想定されるようにローンを抱えている家庭での借り入れの一番の目的は住宅の取得。借入のある家庭の64.7%、実に約3家庭に2家庭では家を買うためにお金を借りて、その額は数千万円以上、2000万円以上のローンを抱えて生活している場合が多いことになります。年齢ではおそらく30代、40代を中心にローンを組み、50代、60代、70代まで返していく。


ちなみに本調査で全世帯での金融資産の平均値、中央値は1209万円、400万円。
      平均値   中央値
20代   189万円  68万円
30代   494万円  213万円
40代   594万円  200万円
50代   1325万円 501万円
60代   1664万円 770万円
借入額と比べて家庭の純資産額みたいなことを考えてみても、借入額のある家庭は30代、40代での家庭の資産構成は借入して買った自宅一色になっているはずで、借入のない家庭を併せて考えても、日本人家庭で余裕が出てくるのは50代以上みたいです。


住宅取得と家庭の負債を考えてみても、家は(高額ローンを組んででも)買って住むか、買わずに借りて住むか、、、日本人の生活パターンは大きく分かれているみたいです。。



人気ブログランキングへ







<< 英国投票が近づいてきました | ホーム | で、だれが住むの? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム