FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

幸せに必要なこと♡って?

アサヒグループホールディングスが昨年20代以上の1000人以上の男女に幸せについてのアンケートを行った結果を載せていました。

毎年恒例の世界幸福度調査で日本は世界第28位(ちなみに1位はコロンビア、2位はフィジー、サウジアラビア)。。。でも。この調査では、、
とても幸せ、まあまあ幸せと答えた方が約8割(あまり幸せでない、幸せでないが約2割)。
多くの方がまあなんとなく幸せ以上には答えています。

20代、30代の若い方はとても幸せ、不幸せと両極端を答える方の割合が比較的多く、だんだんと年齢を重ねることで”まあまあ幸せ”と答える方が多くなって、70代以上の方は81.5%の方が、まあまあ幸せと答えています。社会に出て、20代くらいでは多くの物事にすごく幸せに感じたり、不幸に感じたり、、、いろいろ波乱万丈経験して年齢をだんだんと重ねていくと、”自分の人生はまあまあ幸せに過ごせた”と達観して振り返れる方が増える感じでしょうか。

幸せに必要なもの♡♡♡は、複数回答で、
1.健康であること(75.1%)
2.信頼できるパートナー(恋人、夫婦)がいること(39.6%)
3.お金があること(31.8%)
4.子供がいること(18.6%)
5.安住できる住居があること(18.4%)
健康であることはまず一番ですね。すべての年齢層で皆さん1番に挙げています。ただ、2番目以降の項目は年齢ごとに変化があるようです。”信頼できるパートナー”も各年代で多いのですが、20代、40代では”お金のある事”を上げる割合も多く、20代では”パートナー”より”お金のあること”が2番となっています。30代は”信頼できるパートナー”を幸せに暮らせる条件とする方の割合が一番多く、約45%の方が挙げています。60代、70代は”安住できる住居”を幸せの必要事項と挙げる割合が多い年代のようです。

更にもっともっと小さく、、、日ごろの生活でどんな時に幸せを感じているか。この調査では美味しいもの・甘いものを食べた時、お風呂にゆっくり使ったとき、家族団らんを過ごすとき、布団に入る瞬間、晩酌するときがトップ5。日常生活での小さな幸せについては、マイナビニュースでの2012年アンケートでは、男性では
1.美味しいものを食べるとき
2.電車で座れたとき
3.支払いで小銭が使い切れたとき
4.自販機で当たりが出た
5.好みのタイプの人を見たとき

女性では1から3位は同じで4位がアイスの当たりが出た時、5位がレアな形のお菓子を発見した時だそうです。ちなみにイギリス人3000人が答えた小さな幸せを感じるときトップ5は夜ぐっすり眠れたとき、忘れていた紙幣がポケットから出た時、好きな人とベッドで抱き合うとき、ものすごく笑うとき、朝2度寝するときだそうです。。これも日本人でもうなずける感じ。

いずれにしても健康で過ごせて、本当に信頼できる恋人・パートナーと巡り合えて、子育てし、やっぱりある程度はお金があって、年を取るころまでに住居も持てて、、、と普通の方が子供のころに思い描く大人の普通の一生がしっかり送れれば、人生をかなり過ごした時点では、自分の一生はやっぱりまあまあ幸せと自分の人生を振り返られる。。。そんな日常でちょっとしたことに幸せを発見しながら生活できれば、、やっぱり幸せ。。。なのかな。。。。もう少し年齢を重ねて振り返って考えてみたいです。



人気ブログランキングへ










<< 幸せはお金で買えた | ホーム | お金持ちの住む県ランキング >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム