FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

永久債

永久債 perpetual bond、、、
perpetual、永遠に、永久に、恒久に

通常は元本を返さずに利子のみ永遠に支払い続ける債権です。昨日に本田さんが4月にバーナンキさんが日本での運用を示唆したことをほのめかしました。国債金利は上昇、ドル円は円安に一段動きました。

すでに日本では機関投資家の運用のかなめの20年国債がマイナス金利、ゼロ金利となっており、先進国ではどの国を見ても、数年単位の国債ではほとんど利回りがなく、利回りを得ようと思えば、30年債もさほど抵抗はないのかも。スイスでは50年債もマイナス金利化したりとか、100年債等はすでに永久債に近いように思えますが、実際大英帝国以前にもイギリスなどでは永久債も発行され、近年でも中国など発行していますし、日本でも三菱UFJその他、償還期限を定めない債権が発行されています。

だんだん、日本で国債として永久債を発行しても良さそうな雰囲気は出てはきている。
債権は毎年の利回りを払う約束でお金を借りるのですが、先に利回り分を差し引いてお金を借りる場合(割引債)もあります。例えば、1年で1%の利回り分を払う場合、100万円の債権で、その1年に1万円を払い、元本を支払う場合と、先に99万円で債権を買ってもらって、1年後100万円の元本を返す場合と。

日本でゼロ金利で100兆円なりの国債を発行したら。割引率ゼロで100兆円分の永久債を発行したら。。。明らかに国は得ですけど、債権投資家のメリットはふつうはよほどのことがないとなさそう。。。というか自分が債権を発行するときに利回りなしで永久に100万円を誰かから借りられるなら(借してくれる人がいるなら)、すぐ債権を発行します。100万円借りるけど、利回りも払わないし、元本も永久に返しませんよ~。はありえない。

永久債発行に当たって、ゼロは極論でも、考えられないくらいに非常に利回りの低い永久債とか、非常に割引の少ない割引債とか国が発行できれば、ほぼぼったくり(割引債の永久債は理論上完全にぼったくり)。ふつうは投資家が応じなさそうですが、日本では応じてくれそうな投資家がお一人、、、日銀がいます。

日本のデフレ脱却について、世界のデフレ脱却による他力本願での脱却でない場合で、日本自らでの脱却を目指す場合、この道筋はあり得そう。ただ、なんとなく、今ではないですよね、きっと。若林栄四さんが言うような1ドル65円みたいな円高が日本を襲う、もしくは襲いそうになるとき、窮鼠となる日本は猫、虎、獅子をも噛むのでしょう。いずれにしても日本は、日本独自のデフレ対策としては、すでに事実上は踏み込んでいると思われている日銀による財政ファイナンスを拡大していくことになるでしょう。
10兆円の補正も株価には十分大きい額で、株価を下支えします。7月の日銀に再び必要以上のおかしな期待も海外ではかかり始めたりするこの時期に、本田さんが4月のはなしをここでリークするのは、、下支えは良いと思いますが、日銀とか補正の決定とか事実が出た時にその事実に対するハードルは期待以上を求められますし、、無理に上げようとする必要はない気はします。心配しなくても安倍さんとその取り巻きブレーンの方々は期待以上の事実を出してくれるのかもしれませんね。今のところは世界のヘッジファンドさんたちが必要以上に日本、円をたたきに来るなら、アベ・クロは本気でやっちゃうよ、というスタンス披露、デフレに対するファイティングポーズ披露でしょうか。



人気ブログランキングへ







<< 人口推計のグラフ | ホーム | 日本人は27万人減少、日本に暮らす外国人とは >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム