FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

金利の低い時人々はより貯蓄し、消費しない

マーク・ファーバーさんがシカゴトリビューンで、

現在のヤングアダルト世代は超低金利、ゼロ金利の世界では、彼らの親世代に比べて稼げず、資産も築けない。親世代は数パーセントの利回りの世界で過ごし、家も買えた。ヤングアダルト世代は、利回りのない世界で過ごし、家は買えずに、借家の家賃を払い続けている。結局家賃のみを過剰に払い続けて、投資や消費に回すお金が残らない。。。

中央銀行の超低金利、ゼロ金利政策に対して、金利低下で人々が消費すると考えているのが間違いで、銀行預金が全く増えないので、不安定・不安に感じ、より貯蓄に励むだけ。と苦言を呈しています。

確かに親世代は銀行預金でもそれなりの利回りで資産は増える世の中で、何も考えずに家を買えていたわけですが、バブル崩壊後働いている自分たちの世代では家を買うことに熟考を要する場合も多いわけで、そうすると、ゼロ金利・マイナス金利の世界で利回りの消失した世界でのみ給料をもらっているまさにヤングアダルト世代は、家を買うかどうか、よりも買えない。そのため、過剰に家賃を払い続けるために残そうと思っても何も残らない、少しでも残すためにますます消費せず、貯金に励むといった場合も多くなってきているのかもしれません。。。日本を先頭として世界の先進諸国が突入した超低金利、ゼロ金利、マイナス金利の世の中が、、中央銀行の政策が、、中長期で今後どうなるのか。



人気ブログランキングへ







<< FOMC予想通り | ホーム | 家賃 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム