FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ストレス社会とマインドフルネス

アメリカCDCの統計ではアメリカで病院を受診する方の3人に2人はストレスによる症状とのこと。日米、世界はとかくストレス社会。

様々なストレス対策が言われていますが、マインドフルネスという考え方も最近よく取り上げられています。

日本マインドフルネス学会によるとマインドフルネスとは”今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価せずに、とらわれのない状態で、ただ観ること”と定義されています。観るは見る、聞く、嗅ぐ、味わう、振れる、更にそこから生じる心の動きまで含めるそうです。
即ち、今この瞬間に5感を働かせて集中する感じ。瞑想にも近いのかも。

いろいろなやり方が紹介され、実践されていますが、熊野宏明さんの提唱の方法では
1.背筋を伸ばして、それ以外は脱力させて座り、目を閉じる。
2.呼吸を体がそうしたいように、あるがままにし、おなかや胸が膨らんだり縮んだりする感覚に注意を向ける。
3.わいてくる雑念や情念を無視し、呼吸に注意を戻す。
4.吸った息が手足の先まで流れ込むイメージで、吐く息が体の隅々から流れ出すイメージで、注意を今の瞬間に向けながら、体全体で呼吸する。
5.注意を体の外まで向けて自分の周りの空間に広げる。自分を取り巻く空気の動きや、温度、音、周囲のことに対して5感でフォーカスを広げる。
6.瞑想を終了する。

呼吸を整えて、自分の周りの今、に5缶で集中していくことは同じですが、呼吸の仕方や、集中の仕方はいろいろ提唱はあるようです。自分に合った方法を見つけて、1日10分、15分、試してみても良いのかもです。

間違っているかもですが、いつも働いている左脳を少し休ませつつ、右脳の働きの割合を大きめにする瞬間を作る訓練なのかもしれないな、と自分は思います。



人気ブログランキングへ








<< 外人さんは日本でどこに観光に行く | ホーム | IMFが日銀に指摘 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム