FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

下がれば買い

日銀の年間6兆円の買い、一日当たりの株の購入量も増えていて、やっぱり威力ありますね。
GPIFも株が下がれば、株買いのリバランスをします。

今や日本株の第1、第2の大株主のGPIFと日銀は、日経平均、TOPIXが下がれば問答無用で買ってきます。
下値ではやっぱり強い。特に売買量が少ない状態ではこの日銀の売買額は効いてきます。

逆に株価が上がればGPIFはリバランスで売ってきます。日銀は金融緩和の出口を迎えるまでは売ることはありません。日銀副総裁も先日金融緩和の縮小はないことをコメントしていますが、おそらく短期的にということでなく長期で考えても出口はきっと来ないのでは。世の中では今の状態は緊急時の異常事態で、異常事態が過ぎれば、日銀も出口に向かうことを予測しますが、相手は国ですし、今日から日本でのルールを変えますといってしまえば、そこからルールは変わりそうです。最終的には出口というほどの出口はなくて、日銀が長期に国債、株、リート、結局持ち続けることになるのでしょう。はっきりどこかでか、爆弾宣言して、明確にルール変更を示すのか、グレーにしたまま、だれもにもグレーはほとんどクロなんでしょっと思わせるのか(グレーを言い続けるけど、世の中誰もが黒と思うようにするのか)。いずれにしても、中央銀行は政府から独立して、インフレ(インフレは一般庶民の懐を直撃します)と戦うは、過去のこと。今は政府と相談しながら、インフレをきたすように(デフレは投資家の懐を直撃します)働く機関であることは間違いなさそうです。少なくとも出口なんか論じたら、政府の方針とかい離しますから。

日米欧中、どこの国も、政府、中央銀行は自国の株価を下げさせないようにしていること(そして自国の通貨を高くしないようにしていること)は明確になっています。ヘッジファンドはそのすきをついて、下げさせる突破口を探すのでしょうが、胴元の中央銀行の援護射撃は心強い感じ。下がるとすれば、不安感漂うさなかよりも、大丈夫、中央銀行の援護射撃がある限りは株価は下がらないとほとんどの人が安心した時があれあば、そういうときが危なさそう。その次に危なさそうなのは、日銀等中央銀行の緩和の限界が本当に意識された時とかかな。



人気ブログランキングへ









<< 羽田アクセス線、りんかい線 | ホーム | 世界の5大企業 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム