FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

今年は海外では日経を売っています

今年は米国で取引される日本株に投資するETFから、一貫して資金が流出しています。

4月には日本に投資するETFから年初から5400億円流出していることが報じられ、この時点ですでにETF資金流出はアジアでダントツトップでした。6月時点で上半期の米国で取引されるETFの中で上半期資金流出トップ5に、日本株に連動するETFの2本(日本ヘッジ型株式、MSCI日本)が堂々のランクイン。2本だけで約1兆円ほどの資金流出。

やっぱりこの額みただけでも、日銀、GPIFなかったら15000円、16000円台の日経はなかったですね。もっと下がっていたでしょう。あと日銀の年間6兆円ってすごい大きい額ですね。

ちなみに公的の買い、投資信託の買い、はどうしていつも高値から買うのかな。逆の味方すれば、外国人投資家にいいように利益確定させてしまいますよね。2015年買うよりも、2012、2013年買えば。。。けどきっと、、そんな運用者は、はなからGPIFの運用なんかしてないで、もっといいところで運用しますよね。自分でファンドを立ち上げるとか。。。基本はことなかれ、マニュアル通りに、、、国から買えと言われるから買う、、、みたいな方が運用者と称され、運用報酬(成果は関係なく)をもらえるのかな。

2015年のGPIFの買いもなんとなく思ってましたけど、大体投資信託が買ってます的なのはいつも、大きな株高の最終局面。外国人に支持されてしているのかもですけど、、少なくとも運用者と言われる方がいるなら、そういう点はちょっと今後は考えてもらいたい。個人投資家的には、株高が進んだところで、投資信託が大きく買ってくる局面は、、、一度外国人と一緒に利益確定をぶつけましょう。

いずれにしても、下支えは効いてますね。



人気ブログランキングへ








<< 日本のインフレ率は上がってきません | ホーム | アメリカ9月利上げ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム