FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

40年後の日本、世界、企業とマイナス金利

昨日はフィッシャー副議長が、マイナス金利は世界で行われているけど、まずまず効果があるようだ、、的な発言をしたことがネットで流れています。欧州、日本でマイナス金利中ですが、米国の政策は世界でおそらく一番中心的な役割をするだろうが、ECBの政策も米国に影響を与えることも述べています。

ただ、その発言と一緒に米国では、マイナス金利は考えていないとのこと。おそらく、今後万が一の場合は金利引き下げと、さらなる場合は量的緩和を考えるのでしょう。他の国はやっていて、効果ありそうだけど、自国ではやらないな、、、的発言ですと、本当は効果うすいんだよね、くらいに取れる気もします。


先日のジャクソンホール。イエレン議長の発言が注目を集めましたが、一部黒田総裁の発言を事前に気にする方もいました。黒田総裁は結局、現在の金融政策で良い、、今後マイナス金利深堀も考える、、的発言。まさか、ここまで言っておいて、9月の政策総括では逆方向はないと考えるなら、日銀はいざとなればまだまだマイナス金利を突き進めていく。

今年はマイナス金利で日本で超長期社債の発行が続いています。三井不動産は30年社債、、JR西日本に至っては40年社債。30年後、世界はどうなってますか。日本ってどうなるの???くらいな期間。第一次世界大戦が1914年に始まったのなら、第二次世界大戦が終わったのが1945年。ましてや半世紀近い40年後。。。もしかしたら今回の世界株安が世界大不況の引き金となり、第4次大戦となって、北朝鮮が日本橋に爆弾を投下とか、、日銀の現在の金融政策は最終的に失敗し、日本の土地などの大暴落から不動産業の経営が破たんするとか、大阪環状線を直撃する直下型地震とか、、。今世界で一番大きいアップル、グーグル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブックでも40年後に企業が存続しているとはだれも言えないのでは。40年って、もう何がおこっても。でも40年低金利の利回りをもらうために投資している方が日本にいる。

今年は金融の歴史的に過去に例を見ない世界低金利中。債権王といえば、ガンドラックさんとビル・グロスさん。債権投資の基本中の基本と考えられる米国債投資ですら、世界の2大債権王は今年は債権に投資しちゃダメと言っています。

もしも、、バフェットさんとかが今年は絶対株を買うな、株を売れ、、ともし言ったら、やっぱり東証一部買ってる場合でない気はしますが、ガンドラックさんとかグロスさんとか、今年は債権を売却しろと言ってる中で、日本すらどうなるか的な30年、40年社債を低金利でお買い上げしている日本の社会。買ってはいけないほどの超高額商品を買っている状態と考えるのが普通な気がします。まさに債権バブル、真っ最中、突進中。更に黒田総裁はマイナス金利の笛を吹いて、皆さんをさらなる超高額債権商品へと導いていくのか(日銀、財務省はおそらく金融抑圧(超低金利)の維持とインフレを目指したいのでしょうが)。



人気ブログランキングへ








<< マイナス金利の債権は負債 | ホーム | 米国利上げ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム