FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

8月雇用統計は15.1万人増でした

8月の米雇用統計が昨晩発表され、15.1万人増。賃金の伸びで見ると0.1%の増(前年比でみれば2.4%増)。

今回は事前予想が17.5万人増のところが15万人。雇用統計は20万人増ならいい数字と見ますが、15万人をどうとるかですね。ゴールドマンサックスが今年も事前に指摘していましたが、8月の米雇用統計は季節要因で下振れした値が出やすく、2000年代以降、かなりな確率で下振れた値が出されています。2011年以降で見ると平均で4.9万人ほど実際より下振れた値が出ていることが指摘されています。

今年を考えれば8月の値の下振れを考えなくとも、この値で今年全体で平均で月18万人を超えるペース、過去3か月だけ見れば平均23.2万人で増えていることになります。連銀総裁の中では事前の講演で12,3万人以上の値であれば9月利上げを押す発言をしている方もいて、専門家さんたちの中でも事前に区切りの一つとして15万人くらいが挙げられていました。

雇用統計発表を受けての専門家の見方ではビル・グロスさんは、この雇用統計を受けて、100%近くの確率で9月利上げと予想。この値で利上げできないなら、今後も利上げできないくらいな発言。ゴールドマンでは9月利上げ、ピムコでは12月利上げを予想しています。

ドル円は103円90銭台から104円とドル高円安が進み、ダウは粘って72ドル高の18491。

まとめて考えれば、昨日の米雇用統計はいろいろ考えてやっぱりまずまずのラインの数値。ドル高が一段進み、株価は粘りました。9月利上げが一段織り込まれつつありますが、なお慎重に12月利上げを考える方もいらっしゃる状況。ただ、その中で市場の反応は、十分9月利上げを受け入れる反応を示した気はします。自分が見た夢では、こんな感じでこのまま9月利上げですが、夢の通りになるのかどうか。



人気ブログランキングへ







<< 雇用統計の結果も | ホーム | 米国雇用統計 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム