FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

日銀 FOMCの判断まち

日銀、FOMCが政策を決定していきます。

今日のBloombergMarketsのKimさんの記事でファンドマネージャーさん(M&G LtdのLonerganさん)の談が取り上げられています。

Lonerganさんの意見としては、中央銀行はその政策にいつか限界を迎えていくと考えられていたが、日銀はまさに緩和政策のもう終盤戦、大詰めとの意見です。大詰めの背景はマイナス金利等、日銀のアクションに対して、市場は反対方向の反応を示していることをまず挙げています。さらに結果、各種資産クラスのボラティリティを上昇させているだけになっていることも挙げています。

さらにLonerganさんの意見としては、すでに日銀が出してくるだろう政策の中で、何が真によい政策、ニュースなのかを市場がすでにわからなくなっているとのこと。
でも本当に、だれも、黒田さんが何を発表すれば本当に日本にとっていい政策だといえる人はいなくなってしまっている気はして怖い気はします。

更に記事のしめくくりではLonerganさんの談として、現行の緩和政策をあきらめていくのか、、他の政策、ヘリコプターマネーとか、資産買い増しとか、マイナス金利深堀りとか、日銀の大詰めでの政策を見定め始めないと、、と締めくくられていて。世界中のファンドマネージャーさん達が日銀のアクションに振り回されるより、すでに冷静に日銀を終盤戦ととらえ始めて、打つ手を余裕を持って品定めされるような雰囲気になったりすると、主導権はヘッジファンド側な気もして、それも怖い気はします。



人気ブログランキングへ








<< 日米ともに追加はなし | ホーム | 日銀、FOMC >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム