FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

今年はどうしてもポンドが目立ちます

今年はどうしても為替ではポンドが目立ちます。
EUからの離脱問題、スコットランドなどの独立問題などなど。対ドルでは31年ぶり安値。

対円でポンド円の年間変動は~20%程度がポンド円の平均値。今年の最高値177.37円から125円までの下落は30%の下落となります。先日の急落(暴落)劇での122.27円では年間変動が30%を超えてきました。

過去20年でポンド円が年間変動30%を超える年はすべてが超暴落したリーマンショックの年の2008年の暴落劇の1年だけ。この時は年間変動は41%ですので、30%変動を見たポンド円がここから下げていくとしたら、英国問題が英国にとってまさにリーマンショック級のものとなれば40%まで動いて、107円程度まで下がる。。。日本の超円高時の2011年にみた116.83円のポンド円のポンド最安値(円最高値)も一つ眼中に入ってきてはいます。

あまりポンドで力んでも、瞬殺される危険もありますから、傍観程度に眺めているなら、やっぱり125円割れもある程度よく動きました。

ポンドに対する見方は、、やっぱりまだ安くなるが主流かなと思います。ジムロジャーズさんも、この後スコットランドとかが本当に独立するなら、油田も失って、ポンドはまだまだ安くなると主張です。そのような中で、今日のBloomberg記事(Walsgardさん)では、運用資産が北欧で伸び率一位のファンドはポンド円の売りを手じまい、上昇の見方を出しています。

素人ながらに考えているのは、ポンド円は120円~125円から下げるとしても、もう数円程度までで、そろそろポンド安値を確認して反転がきれいかなと思っています。ポンド実効レートなどからはまだ下げるとのレポートもありますが、、、去年は195.88円を買った人もいるポンド円ですから(去年なら195円で売れたかもしれないわけですから)、いずれにしても125円割れから売る必要があるのかな。



人気ブログランキングへ







<< 不動産を買うのに(1) | ホーム | 世界の債務は152兆ドル >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム