FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

TPP

1929年以降の世界大恐慌に対して、イギリスは植民地とイギリス連邦圏を作り、アメリカ、フランスなどもブロック経済圏を確立していきました。このブロック経済圏では、域内の関税に比べ、他国に高い関税をかけ、保護貿易主義化。ドイツ、イタリア、日本など、経済圏から締め出される持たざる国ではファシズムが台頭、第2次大戦へ突入します。大戦終了後、世界は保護貿易主義が戦争を招いた一因との教訓から、GATTが作成され、WTOへと引き継がれ、自由貿易体制へのルール作りがなされてきました。


みたいなことが、大まかには、昔に世界史で習ったことのような気がします。

で、今、ヨーロッパはEU、環太平洋はTPPみたいな、体制作りは、多少、歴史的にダブル傾向を感じなくもないですね。歴史は繰り返すといいますが、これは繰り返しているのか、第二次大戦前の動きとはやっぱり全くの別次元の話なのか。歴史に精通しない一個人には判断はできないです。TPPできるできないは置いといて、直感的にはTPPできるなら、はじき出されるよりは、入らないといけない気はします。はじき出された時の行き場があれば別ですけど、再度持たざる国側に回るのは。。。

ところで民進党の蓮舫さん、民進党は政策協議をする党となる、、みたいに少し前に言って党首となった気はしますけど、国会論戦の中継なんか見てると、いろいろな政策でがっかりするような論戦が多いかも(というか本当に”政策”を論じるつもりがあるのかみたいな質問も多いかも)。自民党なんかと本当に日本のために、政策を論じ、いい政策を導き出す気があるのか(気はあっても、そもそも力量がないのか)。TPPについても、就任する次期大統領に悪いからの理由は日本で論争する必要性がある論点なのか。自らの党で論議を始めた政策を、、まず日本の党なのだから、日本の国益を柱にした理論展開をしてもらいたい。まったく政治的な意味合いはない、一個人の感想ですけど。



人気ブログランキングへ









<< 債権急落 | ホーム | ドル円は106円台 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム