FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

債権急落

先週は火曜日の大統領選。大統領選の結果の出た水曜日から債権急落で、市場は反応です。

米国10年債利回りは2.138%。つい数か月前夏場には1.32%くらいまで下がっていたのに。

金曜日はヴェテランズ デイ(退役軍人の日)でアメリカは休日。実質水、木のみでの、大統領選後の反応。世界では先週1週間の債権急落(水、木2日間中心)で100兆円を越える債権資産が消失しました。100兆円を1週間で債権が溶かすのは、バーナンキショックの1週間に次いで、過去20年で2回目のこと。バーナンキさんが市場を引き締めてくよみたいなアナウンスをしたのと同じくらい、トランプさんが大統領になることで債権の世界は慌てたということ。

超長期債の反応はさらに大きく、米国30年債利回りは9日の1日での反応度合いはデータがしっかりさかのぼれる過去40年で最大の利回り上昇だったと10日にニュースになってました。

市場は12月利上げを7割がた織り込んでいたのを、大統領選後に8割がた織り込んでいるデータとなっており、12月利上げをほぼ織り込んでいる状態。

債権は今年は高すぎたので、米国債でもこの反応。もっと信用力の低いのだったり、超長期債だったりすると、今後さらに大きな変動があり得るかもしれません。今年は世界では20ん年債や50年債のマイナス金利債権が取引された年。そんなの買った人は、最後は国が買うから、買ったのでしょうが、買ってくれなかったら、どんだけ損失が出るか。。。それを買う国も、やっぱり怖いですけど。。



人気ブログランキングへ









<< 佐々木さん、榊原さん、円高予想 | ホーム | TPP >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム