FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ドル 金利

ドルは昨晩はドルインデックス100.6と一時近々の最高値に並びました。

ドルインデックス100の直近の最高値を目指し、、とは思いましたが、まず達成。早かったですね。日々ドル高ですぐ到達しました。ここからどこまでドルが高くなるかは、天井あてゲームな面があって難しい気がします。ここまでは来るだろうとは思いましたが、このあたりは昨年くらいから、アメリカの輸出企業含め、厳しくなってくるドル高値。ドル円だけ見れば、まだ109円後半を付けたところで、日本円については米国輸出企業などまだ、許容できる範囲にも見えます。

全体を押しなべて見ればきつくなる、日本円ではまだ許容はできそうなドル高度合いに見えますけど、ここらへんで世界、米国にやさしく、、大体ドル天井ラインとなるのか、、、、世界、米国を締め上げつつドル高を更新するのか。ジムロジャーズさんはドルバブルを想定していることを述べていますが、基本本当のバブルとなれば、もう天井は誰にも当てられない。行きつくところまで行くのでしょう。

タイミングで見れば、、円以外の通貨はドル高進行度合いが強く、そろそろタイミング的にもドル安に反転するにもいいところにも見えます。昨年にドル高転換を果たしたドル円だけで考えれば、このドル高フェーズはまだ短かすぎるように感じられます。ただ、ドル円ではドル高転換が遅れたと考えれば、この年末、年始あたりを中心にドル高トップをつけることも考えられなくもない。

金利も昨晩は、米国10年債金利が2.297とほぼ2.3ラインを付けてきました。ガンドラックさんのいう2.35ラインを付けに行き、落ち着かない世界へと突入していくのか、このあたりで、落ち着いた世界がいいと皆さん考えるのか。2.5%、3%は多額の運用をする安定運用者さんは買ってもいいと思いそうなラインであれば、なかなかそこまでは上がらないかも、みたいにも思え、2.3くらいもまずまずいいラインかもみたいにも見えてきたリ。。。

結局この110円辺りが結構いいラインとなるのかもしれないですし、来年にわたり結局ドル高バブルが更新し、115円、それこそ120円近くを目指すのかもしれないですし、ここからは天井あてのところも大きく、わかりづらいです。

想定シナリオは考えづらいですけど、思いつくまま随想のように考えれば、、

このあたりで金利もいいところで、直近の最高値を付けるドルは他の通貨に引きずられる形でドル高はいずれにしてもここから来年1月辺りまでを中心に終了。ドル安へ。この場合は年末に向けてGDP成長が持ち直してきそうな米国企業には追い風、日本企業には為替が逆風、米国企業の元気さは追い風。

もしくは、金利高騰は2.35%ラインも越えて、ドルバブル。さらなるドル大天井へ。この場合はバブルならみんなが105円、107円が目安なんていっているドル円だって来年に115円は超え、120円トライを目指すだってなくはない。この場合はチャートの形状も良くなり、景気も踊り場からいいほうへ循環しそうな日本企業には、為替がすごい追い風。米国輸出企業はドル高で締め上げられていき、FANGみたいな企業は金利で締め上げられていくでしょうから、米国企業の動向は逆風に働きそう。

ひねって考えれば、世界的に見てドル、金利はいいとこだし、このあたりで金利高、ドル高は終了。ただし、通貨全体で見ればドル高は終了も、フェーズを満了しないようにもみえるドル円だけは長めに円安ドル高が続く。金利も落ち着いた動きで、全体は米国輸出企業に追い風のドル安。その中で日本企業にとって追い風の円安続く。。

自分はFXは昨日、109円後半でドル円のドル買いポジションは手じまいしちゃいました。持ち切りを考えている米国債、円転を考えていないドル通貨は、今まで通り持ったまんまですけど。
いずれにしても、低金利、過度のドル高抑制で持っていたように思えた世界経済、最近中央銀行が管理していたかに見えた、金利、為替、、動き始めました。各クラス上下方向はいろいろあり得るでしょうけど。だんだんボラは大きくなってきますかね。更に世界の突発的な不安発生などもあり、結局未来を読むことは不可能なんでしょう。



人気ブログランキングへ








<< トランプ相場を売り続けるミセスワタナベさん | ホーム | バフェットさん航空株へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム