FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

グリーンスパンさんの金利予想

グリーンスパンさん、前々FRB議長で金融マエストロととして長く世界の金融界に君臨し、最後にアメリカの不動産バブル崩壊の責任者としてのレッテルも張られました。

思い返してみれば、この夏場にアメリカの金利が低かった時に、すでにアメリカの長期金利が低すぎるため、低金利は持続しないことを述べていました。その理由の第一は、単純にアメリカの金利は3~5%での推移が多く、1%台は歴史的に考えて長続きできないでしょう、長期金利をそれだけ抑え込めないでしょう、とのこと。要するに今回は違う、金利の歴史は変わった、、、、ということはなくて、いつも通りのところまでは早晩服するでしょうとの理論でした。

大統領選の前にも11月、近々に金利は急騰する、おそらく皆を驚かせるほどに、、との警鐘を鳴らしていました。

大統領選後の経過からは、ここ数か月グリーンスパンさんの言い続けてきたことは、、当たりましたね。

金利に関して、、ここまでは当たったグリーンスパンさん。いうことすべてが当たるものではないでしょうけど、経験からくる予想で、ここまではさすがですね。
グリーンスパンさんの最近の見立てをまとめれば、
金利は3%から5%に服する。5%を目指していく(ガンドラックさんもこのラインまでの上昇を予想してはいます)。
インフレは高進し、景気は低迷するスタグフレーションに移行することを一番心配しています。
ということ。今の金利は2.3%くらいですが、グリーンスパンさんの見立ては、まだまだ上がる、インフレ化し、金利は5%を目指し上昇していくが、、景気・経済は低迷していく、、といった事態に今後なれば、すべてあたり、さすが元マエストロ、、、となりますね。

ちなみに、グリーンスパンさん、少し違った点で、アメリカの運転免許保有者さん一人当たりの車の保有台数がここ20年でも高い値になってきていることも先日述べていました。金利は上がっちゃうけど、車は腹一杯買っていて、売れなくなって、経済は失速、、みたいな感じなんでしょうか。



人気ブログランキングへ










<< 米国金利、ドル上昇が続きます | ホーム | ドル円は95円から120円 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム