FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

米国金利、ドル上昇が続きます

米国金利、ドル、勢いありますね。
昨日はさらに一段高、米国10年債利回りは2.417を見るまで上がって現在2.36まできました。ドル円は112円90銭をみて、112円50銭台で推移です。ドルインデックスも101.73、一時101.96まで上がりました。

ダウは19083、SP500は2204。225先物CMEは18435。


本当に金利どこまで上がるのか。。
金利上昇についてきているドル、更にダウ、、、日経、はどこまでついてこれるのか。。

金利はまだまだ上がるかもしれないし、ドル、日米株価もどこまでも上がるのかもしれません。。。。

ちなみに米国債金利が急上昇で逆に下がるかも、、みたいなものは、、いろいろあるのでしょうけど、思い浮かべれば、米国リート・不動産、ハイイールド債、新興国(通貨など)、金・ゴールド、、などなどでしょうか。で、米国リート、ハイイールド債を眺めてみると、

米国ダウリート指数は今年夏場、近々の世界最低金利の時に378.12の史上最高値を付けています。そのダウリート指数は18日に夏場高値から15.3%下落の320程度まで下落、現在326で推移です。

米国ハイイールド債はハイイールド債ETFの値動きやイールドスプレッドの推移を見ても、米国債金利上昇に対して、ここまでのところ若干の値動きにとどまり、大幅な下落とはなっておらず、安定しています。

この、トランプ相場で急上昇の中で、新興国通貨、米国リートがはなから完全に下げ反応。米国で考えれば、リートは15%下げくらいまでを見始めて、ぎりぎりの防衛線といったところ。ハイイールド債については、ここまでの金利上昇には大きな下落はなく(若干の下落で)ついてこれている様子。

米国金利、ドル上昇でいいほうのドル円、株価どこまでついていけるかな、、も見ますが、、悪いほうのリート、ハイイールドもどこまでついていけるかな、、と見れば、リートは現在ぎりぎりの防衛ライン。金利の上昇もどこまでか、、ですけど、その金利上昇にリート尾はどこまで粘れるか。大相場の開始を騒ぐ強気一辺倒の証券会社さんのアナリストもいたりしますけど、不動産下落しながらの株の大相場はやっぱりないでしょうから。この15%くらいまでの下落でついていくことができるのか、、この先の金利上昇に対して20%下落等、さらなる下落を見るのか。。。

こういうのは予想は出来ないから見ていくしかないですね。現在棒上げしている資産クラス、、こういった上げが一番おいしいところなんでしょうけど、自分はどちらかというと逆張り考えしちゃうタイプなので、2200まで上がったSPや18500円まで上がった日経の買いをここから考えるよりは、利益確定するかどうかを考えちゃう。逆にこういった新興国通貨とか、金とか、ここから、下がっているものに買い場のタイミングないかなくらいにかんがえてはしまいます。肉食系投資家になれない。



人気ブログランキングへ










<< サンクスギビングデー | ホーム | グリーンスパンさんの金利予想 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム