FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

米国利上げ

米国FOMCの利上げ、この12月はほぼ100%近くで織り込み済みの状態です。
市場は次は?みたいなところでしょうが、次は2017年6月、が半数を超えて、6月、12月がおそらく今の市場のコンセンサス。

日本では金利は固定を目指す政策で、為替では相手国の状態がそのまま跳ね返りやすい現状です。

そのような感じで眺めてみると、ドル円は購買力平価から見れば、今の110円を越えている水準は円安に振れていて、100円を切っても全然普通。日米の金利差から考えれば、今の水準は米国での2016年12月の100%の利上げと2017年6月の利上げを織り込んだ数値。

固定を目指している日本の金利の動きは無視して考えると、米国が6月利上げが3月へと早まる観測が強くなったり、2回くらいとする2017年利上げが3回、4回へと増える観測となれば、なお一層円安しそうで、来年の6月の利上げが難しそうな局面が出てくるとなると、円高しそう。

日本株は現在、相関は薄れていますが、それでも大型株は為替の影響をダイレクトに受けていて、円高にずれると、輸出企業の為替レートでの差損を織り込みに行き、日経はどんどん下げる。円安に行くと輸出企業の為替レートでの利益を織り込みに行き、どんどん上がる。やはり引き続き為替ありきの動きになってしまっています。

年末12月相場のほぼ1か月を残した今年の相場。11月月末は現在今年で見れば、最高値圏。のんびりしたゆっくり投資が自分は好きなので、日経18000円を越えたラインではこの局面では安易に押し目買いはあまりする気にはなれません。米国利上げについてもここから1年強で3回の利上げは、冷静に考えれば、結構いい線までをもう織り込みに行っているようにも思えなくもないかも。
こういった局面の買いは、投資のスタイルや期間、資金量等、やっぱり個人個人の考え方になりますね。



人気ブログランキングへ










<< 12月になりました | ホーム | 不動産の外国人取引 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム