FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塾・家庭教師の費用と学校外活動費、これだけ払っています

教育費を考える中で、学校に通う分の教育費が学校教育費です。私立学校に通うお宅での学校教育費は公立校に通うお子さんの学校教育費よりも、一般に高くなります。

お子さんをお持ちのご家庭で教育費は学校教育費だけかというと、スポーツやレクリエーション活動、習い事や塾・家庭教師代なども当然かかり、これを文部科学省では学校外活動費と分類しています。学校外教育費の中で塾、家庭教師代が補助学習費と呼ばれます。

この学校外活動費も実はかなりな額になっています。

平成26年度の文部科学省の調査(平成27年12月報道発表)では、学校外活動費は公立に通うお子さんでは、小学校で平均毎年21万9304円、中学校では31万4455円、高校では16万7287円です。公立学校に通うご家庭での学校外教育費は平均で言うと中学3年生で一番多くかかっていて43万5000円を支払っています。私立学校に通うお子さんでは平均で、小学校で60万4061円、中学校で31万2072円、高校で25万5151円。私立学校に通うお子さんのご家庭では小学校6年生での学校外活動費が74万円と一番多くなっています。

その中で補助学習費(塾・家庭教師代)は公立学校生では、小学校で全学年平均では8.7万円、中学校では24.6万円、高校では13.5万円。私立学校生では小学校で全学年平均30.2万円、中学校で19.5万円、高校で20.5万円。小学校では6年生が一番高く公立校の6年生で平均15.3万円、私立校で51.6万円です。中学校では3年生が一番高くなっており、公立中3のご家庭で36万円、私立中3のご家庭で21.3万円。高校でも3年生が一番高く、公立高3で18.7万円、私立高3で27.6万円。

補助学習費は過去10年ほどの年別の推移を見ても、毎年少しずつ変化はありますが、大きくは変わっていません。実質の給料が減っていく中で、教育費でこの補助学習費(塾・家庭教師代)についても、ご家庭での最後の聖域として、家計で出費が維持されているのがわかります。

また、この補助学習費の額はご家庭の年間収入ときれいに相関していて、収入の高いご家庭では多くの補助学習費がかけられています。例えば公立学校のお子さんを持つご家庭で、収入が400万円未満のご家庭では、小学生で4.5万円、中学生で15.5万円、高校生で7.9万円の補助学習費をかけているのに対し、年収が600~800のご家庭では小学生で8.5万円、中学生で25.4万円、高校生で13.2万円。年収が1200万円以上のご家庭では小学生で35.6万円、中学生で40.6万円、高校生で28.6万円。私立学校に通うご家庭なら、年収400万円未満で小学校で15.1万円、中学校で14.1万円、高校で9.5万円に対し、年収600~800万円で小学校で21.5万円、中学校で17.2万円、高校で15.2万円。1200万円以上のご家庭で小学校で37.5万円、中学校で23.6万円、高校で46.1万円。だらだらと数値を並べましたが、よく眺めてみると、なんとなく、苦しい家計の中で、親御さんがお子さんのために少しでも塾代を多く出してあげようとする気持ちが伝わってくるようです。


この学校外活動費は小学校に比べ中学校、更に高校に通うにつれて、習い事、スポーツ代などに対して、塾・家庭教師代の割合が高くなります。学校外活動費の中で補助学習費が占める割合は小学校時は大雑把に半分ほどなのに対して、高校では8割以上が補助学習費。

イメージは小学校時は結構クラブ活動や習い事にかける割合がおおくて、中学さらに高校では、クラブ、習い事をやめていき、勉強にかける。私立校なら中高6年生だから、小学6年での塾代は高くなり、公立校では中学校は受験なしなので、高校受験で塾代を多くかける。お子さんがやってみたいクラブ活動や、勉強に行きたい塾について、親はおそらくほかの出費を切りつめて、維持、ねん出してあげている。



人気ブログランキングへ






<< 教育費の総額と学校教育費、学校外活動費、給食費 | ホーム | ドル円は115円台へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。