FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育費の総額と学校教育費、学校外活動費、給食費

昨日に続き、文部科学省の平成26年度子供の学習費調査から。。。

昨日は塾・家庭教師代等の学校外活動費を見ましたが、実際に学校に通うための教育費、授業料だったり、図書や授業で使う実習教材代、通学関連費だったりの、、学校教育費は。また、実際に学校外活動費や給食費などまで含めて、実際に払った教育費の総額(学習費総額)は?

平成26年度に1年間で実際に支払われた学校教育費、学校外活動費、給食費と全総額は


    公立幼 私立幼 公立小 私立小 公立中 私立中 公立高校 私立高校
総額 222,264 498,008 321,708 1,535,789 481,841 1,228,623 409,979 995,295
学校教育費 119,175 319,619 59,228 885,639 128,964 1,022,397 242,692 740,144
学校外活動費 83,707 141,553 219,304 604,061 314,455 312,072 167,287 255,151
給食費 19,382 38,836 43,176 46,089 38,422 4,154


この額が実際に各学校に通わせるご家庭で平成26年度1年間に支払われた額。この額で例えば小学校6年なら単純に小学校6年間で6倍と計算してみると、幼稚園から小中高と全部公立に通わせて、学校外活動費、教育費なども支払う教育費の総額は523万円となります。この額からどこから私立校へ通わせるかで総額が変わってくるわけですけど、もしも幼稚園から全部を私立で、高校まで出させることとすると、計算上は1770万円となるわけで、本当にもう一財産の額。

実際はプラス大学分、専門学校分となる場合が今は多いわけで、大学に通う学習費総額はまた別と考えなくてはならないわけで。。。国公立大で1年間に60~70万円、私立大ではその倍くらい。

1年、1年、子育て家庭にはこれだけの教育費がのしかかっています。お子さんが2人、3人となれば、2掛け、3掛けとなるわけですし。実際に、小中高の志望校をどうするかとか、考えますね。実のところは、子供たちを学校に通わせ始めてから思うのは、、、こんだけかかると理解していれば、結婚してから学校に通わせるまでのキリギリス生活も少し変わってたかも。また、どうしたって、お子さんの数の制限を考えてしまう一因、少子化の原因の一つにおそらくなっているでしょう。

その中でも、少しでも子供に良い教育を、となる親心もきっと皆さんあり、、、生活の切り詰めを考える中では、自分はおそらく教育費が最後の最後の聖域、、、真の聖域となっているご家庭も多いのではと思います。例えば、年収400万円未満の子育てご家庭では収入の4割が教育費に消えるともいわれている中で、家計をとことん切り詰めつつ、お子さんの将来も考え、お子さんにはより良い教育、塾・家庭教師をと願うご家庭も多いのでしょう。
いずれにしろ、乾いてきているぞうきんを絞って、倹約している段階にあるような家計の中で、教育費に年度ごとにこれだけかかっています。最後の聖域にどれほどの配分を回すか、またどれくらいの切り詰めを考えるか、、これは外部者がとやかく言える問題を越えていて、、ご家庭ごと、親御さんごとの判断でしょう。



人気ブログランキングへ






<< FOMCです | ホーム | 塾・家庭教師の費用と学校外活動費、これだけ払っています >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。