プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年の日本の不動産投資

昨日はフォーブスで取り上げられていた社の国際都市での不動産投資を見ましたが、このレポートでは東京の不動産投資は前年に対して3割以上下落したとの集計結果でした。ただ、各会社のレポートで集計結果には少し開きがあるようです。

ジョーンズ ラング ラサール株式会社 でのレポートでは日本全体昨年の不動産投資は3兆6700億円で前年比マイナス11.5%とのレポートです。不動産投資のなかで上場リートによる投資額は1兆5,000億円(全体投資額の42%)となり、前年比で20%増。私募ファンドによる投資額は9,500億円(全体投資額の26%)で、35%減少。海外投資家さんによる投資額は5,300億円となり、前年比で41%減。海外投資家による投資額が全体の不動産投資額に占める割合は14%に低下したとされています。物流施設とホテル投資は2016年も大幅増とのことです。2016年の物流施設に対する投資額は8,500億円となり、前年同期比で111%の大幅増加となった。

不動産への投資額としてみれば、全体として2007年頃にリーマンショック前にみた日本の不動産投資の近年のピークののちの、いったんのピークは2014年頃につけて、2015、2016と日本全体、東京の不動産投資額は減少してきている感じになったようです。



人気ブログランキングへ









<< 年2回の利上げ | ホーム | 昨年の不動産投資額 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。