FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

預金金利

メガバンクの預金金利。0.1%前後の世界に入ってから、預金金利ってほとんどもう見なくなった気がします。

ふと預金金利って今どれくらいと、メガバンクのホームページをのぞいてみると、普通預金金利は0.001%とのこと。
0.3%くらいでもあれば、預けているお金に1年でどれくらいのおこずかいが増えるかなと計算してみてもとも、少しは思えますが、0.001%ではもう考える気力すらわかない感じ。

黒田総裁が意表を突いたマイナス金利を日本に導入し1年たちましたが、庶民の預金の金利は0.001。ってゼロでしょ、実質的に。

Bloomberg記事では日本の国内銀行の預金残高はこの金利の低さでも、この1年で4.5%も増えているとのこと。一方で銀行の貸し出しは2.6%しか増えておらず、預貸ギャップ(銀行の預金額から貸し出し額を引いたもの)は現在過去最高の224兆円。イタリア1国のGDPに匹敵する額のお金が国内銀行に滞留している計算。

結局、銀行にお金を預けても、増えるわけでもないけど、おいておけるところはないから銀行にただただ置いておく。もっと、良いお金の投資先があれば、預けていないでとはなるのでしょうけど、なかなか今から新たにってなると、大きな額は難しいのかも。考えてみると、金利を下げたり、更にマイナス金利したりは、物価を上げる、お金を滞留させないで回すためだったのでしょうけど、マイナス金利導入後1年で日本国内のお金はますます銀行で滞留していることが確認された感じ。。。やっぱり投資を促す政策が。。。



人気ブログランキングへ



<< トランプ政権出だしの最高記録 | ホーム | 年2回の利上げ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。