FC2ブログ

プロフィール

くたびれ父さん

Author:くたびれ父さん
くたびれた、が口癖の2児の父親。日本、米国中心に投資をこころみています。株優でのプチ贅沢を楽しみに頑張っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

google+1

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

世界の緩和の中で

昨日は日米欧中の4大経済国、経済圏で中央銀行による緩和が行われていることを述べました。さらにみていくと、イギリスBOEでも2009年から2012年末までQEが施行されましたが、その後も新たな資産購入は行われないものの、2012年までの全購入資産額は維持され、政策金利は2009年以降まだ引き上げは行われていません。オーストラリアRBAについても、2015年は利下げしています。極論すれば、各国の株価は史上最高値、数年ぶり高値を現在論じられていますが、現在は反デフレで全世界が緩和しています。実際の経済指標が直近で悪いとされるのは中国くらいであり、次の引き締めへの一手は米国または英国の利上げ、ECBのQE縮小等が想定されます。一番注目されるのは米国の利上げであり、利上げのタイミングが今後もどんどん先延ばしになるのか、世界中が注目しています。いずれにしても、世界の中央銀行の方針は現在までのところバブル容認方向で進んでおり、バブルならば、その株価指標や適正値を理論的に考慮していくこと自体が無意味になっていくのかもしれませんね。


人気ブログランキングへ

<< 今週の株式売買 | ホーム | 日銀の量的緩和 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム